代用はできる?マスタードと辛子(からし)との違いとは

マスタードと辛子、どちらも辛い黄色い調味料ですが、みなさんはこの2つの違いをご存じですか?おでんには辛子、ホットドックにはマスタードが定番ですが、おでんにマスタードではダメなのか?今回は2つの違いや代用ができるのかどうかまでお伝えします!

2017年8月25日 更新

マスタードと辛子は違うもの?

ピリッと辛い調味料のマスタードと辛子。どちらも食べ物にアクセントをつけてくれる欠かせないものですよね。ペースト状で同じく黄色いこの2つですが、違いはあるんでしょうか?

マスタードも辛子も同じものだと思っている方いらっしゃいませんか?同じように見える2つですが、ちゃんと違いがあるんです。ふたつの違いや代用につてもご説明します。

どちらか一方を買い忘れてしまった時に、代用することはできるのでしょうか?マスタードと辛子に使われている原料や違い、代用できるかどうかを解決!さまざまな辛子の種類についても詳しくご紹介します。

実は違う!マスタードと辛子

辛子とは

辛子は、アブラナ科の植物とからし菜の種子が使われ、一般的に和がらしと呼ばれるもの。これらの原料をすりつぶし、パウダー状にしたものが辛子の原材料です。これにぬるま湯を加えて練ることで、和辛子として使える状態になります。おでんをはじめ、とんかつや辛子蓮根など、和食に使われる印象が強いですよね。

マスタードとは

マスタードに使用されている原料は、アブラナ科の植物やからし菜、シロガラシの種子です。これらをパウダーにし、ぬるま湯やお酢、砂糖などの調味料を加えて作っているのが、洋がらしと呼ばれるマスタード。

辛子に比べると硬さがマイルドで、酸味や甘みも含まれています。マスタードは本格的な和食よりも、洋食やハンバーガーやホットドックなどに使われているイメージではないでしょうか。お肉やお魚のソースにも使われていますね。

辛味の違い

辛子とマスタードは、どちらが辛いのでしょうか?

感じ方には個人差がありますが、どちらかというと辛子の方が辛いと感じるかもしれません。マスタードにはお酢やお砂糖が含まれることから、辛さがまろやかになっていますから、マスタードを使ったお料理は食べられるけど、辛子を使ったものは食べられない……という人もいるかもしれませんね?
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう