「とどのつまり」って良い意味?悪い意味?とどの語源は意外なアレ!

誰かと会話をしている中で、とどのつまりという言葉を使うことはありますか?あまり良いイメージで使われる言葉ではないようですが、どのような意味を持っているのでしょうか?意味と語源について詳しく調べてみました。

とどのつまりとはどういう意味?

「とどのつまり」の意味を、正しく説明できますか?「とどのつまり」とは余り思わしくない結果や、思わしくない状態の時に使用することの多い言葉です。具体的には、どのような場面で使用されるのでしょうか?

使用例としては、「議論を重ねたけれど、とどのつまりこの計画は年内で中止。」「嘘ばかりいっているから、とどのつまり誰にも信用されなくなった」など。意味を詳しく見ていきましょう。

語源は出世魚の「ボラ」

「とどのつまり」の語源は、出世魚で知られているボラなのです。哺乳類として知られるトドではありません。ボラは成長していく上で、

関東の場合にはオボコ→イナッコ→スバシリ→イナボラ→トド
関西の場合にはハク→オボコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド

このように成長していくのです。高知や東北でも、それぞれ呼び方が違いますよ。高知や東北ではトドとは呼びませんが、関東や関西ではもっとも大きく成長したボラのことを「トド」と呼んでいるのです。

ボラは最終的に「トド」になり、それ以上は成長しないのです。これを語源にして、これ以上は大きくならない、これ以上は進まないなどの意味を持つ言葉なのですよ。実際に会話で使う場合は、「結局」「行きつくところ」のような意味合いになります。

ボラが語源の言葉は他にもある!

出世魚のボラが語源になっている言葉は他にもありますよ。どのような言葉があるのかをご紹介しましょう。

いなせ

「いなせ」とは、いろいろな歌の歌詞にもあるように男気があり、粋な様子を表現しています。「いなせ」とはボラの背中。

江戸時代には鯔背銀杏(いなせいちょう)と呼ぶ髪型がありました。この髪型がボラの背中に似ていたのです。鯔背銀杏の髪型は多くの方が憧れたのだとか。周りが憧れるような人物であり、粋、勇ましい姿を「いなせ」と呼ぶようになったのです。

オボコ(おぼこい)

「おぼこ」は、「おぼこい」と呼ばれることもあります。この言葉には子供っぽい意味や、世間を知らない、未熟という意味も込められています。もともとは西日本の方言で、「おぼこ」が語源なのです。これを形容詞化したものが「おぼこい」。

出世魚であるボラは、小さな幼魚が「おぼこ」と呼ばれるのです。これにちなんで、世間に慣れていない若者や生娘を「おぼこ」と呼ぶようになったのだとか。

とどのつまりを使わない生き方をしよう

「とどのつまり」とは、トドが壁際まで歩いていくと、後ずさりできないイメージをしていた方も多いのでは?「とどのつまり」とはボラが語源だったのですね。さらにあまり良いイメージで使われる言葉ではないことも分かりました。

ボラはさまざまな言葉の語源になっていることも勉強になりますね。人間はボラのように限界がありません。「とどのつまり」を使わず、大きく前向きに成長していきたいですね。
▼言葉にまつわる豆知識!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう