「油を売る」の語源ってなに?油売りの知られざる優雅な生活とは

「あの人、また油売ってる」などという言い回しは昔からよく使われますよね。決していい意味ではなく、むしろ嫌味として使われますが、そもそもどうして「油を売る」ことが仕事をサボるという意味になってしまったのでしょうか。その語源をご紹介いたします。

2016年12月13日 更新

「油を売る」の語源って?

仕事中、ちょっとサボって同僚とおしゃべりしていたり、休憩していたりしたら「またそんなとこで油売ってる!早く仕事に戻りなさい!」と怒られてしまった経験はありませんか?

仕事中に関わらず、勉強中だったり、何かしなければならないことがある最中に他のことをしていると、このような言い方をして怒られることってありますよね。

そもそも、どうして仕事をサボることが「油を売る」と言われるのでしょうか。その由来についてご紹介いたします。

「油を売る」がなぜ怠けるの意味か

「油を売る」とは、仕事の最中に人目を盗んで怠けることを言います。また、無駄話をして時間を過ごすこと、という意味もあります。長時間何か他のことをしているというよりも、一時的な状態のことを指す場合に使われるようですね。

語源である江戸時代の油売りは、11時頃から16時までしか仕事をしていなかった、という話もあります。というのも、特に夏の暑い時期は油が外の気温で膨張するため、朝や夜に売るよりも昼間の暑い時間帯に売った方が一升枡に9合8尺ほどしか入れなくてもいっぱいになるから、というわけです。同じ値段で売るなら、少しでも得したいというのは今の人たちと変わらないのですね。

満タンに入れずに済むからその差分が儲かる、というのはちょっとセコいような気もしますが、ある意味商売上手とも言えるかもしれません。

江戸時代に使われていた油

江戸時代では、油は行燈(あんどん)など部屋の明かりの燃料としてとても貴重なもので、他にも女性の髪油としても大切に扱われていました。この油を売る行商人が客のところへ油を届けに行った際、客の枡に油が垂れ終わるまでの時間を客との雑談で繋いでいたことから「油を売る=仕事中怠ける」という意味になったようです。

当時の油はその粘性から柄杓から客の枡に注ぎ終わるまでに時間がかかってしまうため、ついつい長話になっていたというわけですね。必ずしも「怠けていた」というわけではなかったようですが、傍から見たら仕事もせずに客の女性と話し込んでいたため、そういう風に見えたのでしょう。

当時の油は高級品!油問屋は大儲け

今でこそ当たり前に生活の一部として使っている油ですが、江戸時代当時の油は大変貴重なもので、貴族・豪族が使うものでした。菜種油が量産できるようになるまで、一般庶民には手が届かないものだったのだとか。特に天ぷらのように食用として油が使われた料理は、高級品だったようです。

そのため、油を売ることを生業としてしていた油問屋や、油の原材料である種物問屋は大儲けすることができる商売だったことでしょう。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう