イチボ…どこの部位?ランプ肉との違い&名前の由来も気になる

柔らかく人気のお肉「イチボ」。イチボが何のお肉のどの部位か、ご存じでしょうか。イチボというちょっと変わった名前、なぜこんな名前がついたのか、どんな味?おいしい食べ方はどうしたら?今回はイチボについてご紹介!

柔らかくておいしい?イチボ(いちぼ)とは

「イチボ」(いちぼ)、みなさんは食べたことがありますか?柔らかく、おいしい牛肉ですが、部位がどこか、どんな味なのか、今回はイチボについてご紹介します。

ちょっと変わったイチボという名前、どうしてイチボなんて名前がついたのか、気になる名前の由来についてもご紹介。食べたことのある方もない方もよかったら見てみてくださいね。

希少部位「イチボ」

お尻のえくぼ

イチボとは牛のお尻の部分のお肉です。人間に例えると、おしりのえくぼの部分にあたり、非常に希少な部位。イチボは一頭からごくわずかな量しか取ることができません。お尻全体の肉ではなく、えくぼの部分だからこそ希少なのです。

ランプ肉との違い

ランプ肉も牛のお尻周辺のお肉です。イチボは上述の通りお尻のえくぼの部分ですが、ランプは、腰からお尻にかかる肉なのです。個人の感覚にもよりますが、ランプ肉には筋があるため、イチボの方がランプ肉よりも、柔らかい食感と言えるでしょう。

カロリー

イチボは100g 当たりおよそ234kcal です。牛肉はカロリーの少ない部位もたくさん存在していますが、イチボは比較的カロリーの低い部分と言えますね。

ちなみにランプ肉もおよそ234kcal、肩ロースは410kcal 、和牛サーロインは498kcalです。これらのお肉に比べると、イチボのカロリーは低カロリーですね。

「イチボ」の名前の由来

なぜ「イチボ」という名前がついたのか、諸説あるようですが、一説には、「aitchbone」エイチボーンが訛ってイチボとなったと言われています。牛のお尻や周辺の肉は英語で「aitchbone」エイチボーンと言われています。エイチボーン、エチボ、イチボと変化したのだとか。

また、ボーンとは骨のことですが、aitcはHの文字を意味し、牛のお尻の骨がHの形をしているため、このような名前になったと言われています。
▼たった3%?超希少部位についてこちらで解説

イチボのおいしい食べ方

ステーキがおすすめ

イチボをおいしく食べるのであれば、ステーキで食べるのがおすすめです。ステーキにすることによって、弾力のある食感が一層感じられます。イチボをステーキで食べる際には、焼き方にポイントがあります。

しっかりと温めたフライパンで焼くのが基本。焼いている途中で油が出てくるので、油はキッチンペーパーで取り除きながら焼きましょう。

油がパチパチと乾いた音に変わったら、弱火に落として中まで火を入れます。充分焦げ目がついた段階で裏表を返し、両面を焼きます。端の部分と中心部分が、同じ程度の弾力になれば焼き上がりです。

弾力のある食感が特徴

イチボは牛肉の中でも弾力が強い部位です。バランスのとれた霜降りとなっており、甘味のある脂のおいしさも味わうことができます。また、赤身が多い部分でもありますので、肉らしい味も味わうこともできるでしょう。

一番のおすすめはさっと炙るような焼き調理ですが、新鮮なものはお刺身にしてもおいしいですよ。

同じイチボでも違う味わい

ひと口にイチボと呼ばれているお肉の中にも特徴の違いがありますよ。イチボは長方形の部位になりますが、この頭の部分は硬い食感をもちます。頭の部分とはお尻よりも腰に近い部分。一方、お尻に近づけば近づくほどに柔らかい食感へと変わります。また、味についても濃厚で肉の味が濃い特徴を持っていますね。

おすすめ!イチボを使ったローストビーフレシピ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう