ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

柔らかくておいしい?イチボ(いちぼ)とは

「イチボ」(いちぼ)、みなさんは食べたことがありますか?柔らかく、おいしい牛肉ですが、部位がどこか、どんな味なのか、今回はイチボについてご紹介します。 ちょっと変わったイチボという名前、どうしてイチボなんて名前がついたのか、気になる名前の由来についてもご紹介。食べたことのある方もない方もよかったら見てみてくださいね。

希少部位「イチボ」

お尻のえくぼ

イチボとは牛のお尻の部分のお肉です。人間に例えると、おしりのえくぼの部分にあたり、非常に希少な部位。イチボは一頭からごくわずかな量しか取ることができません。お尻全体の肉ではなく、えくぼの部分だからこそ希少なのです。

ランプ肉との違い

ランプ肉も牛のお尻周辺のお肉です。イチボは上述の通りお尻のえくぼの部分ですが、ランプは、腰からお尻にかかる肉なのです。個人の感覚にもよりますが、ランプ肉には筋があるため、イチボの方がランプ肉よりも、柔らかい食感と言えるでしょう。

カロリー

イチボは100g 当たりおよそ234kcal です。牛肉はカロリーの少ない部位もたくさん存在していますが、イチボは比較的カロリーの低い部分と言えますね。 ちなみにランプ肉もおよそ234kcal、肩ロースは410kcal 、和牛サーロインは498kcalです。これらのお肉に比べると、イチボのカロリーは低カロリーですね。

「イチボ」の名前の由来

なぜ「イチボ」という名前がついたのか、諸説あるようですが、一説には、「aitchbone」エイチボーンが訛ってイチボとなったと言われています。牛のお尻や周辺の肉は英語で「aitchbone」エイチボーンと言われています。エイチボーン、エチボ、イチボと変化したのだとか。 また、ボーンとは骨のことですが、aitcはHの文字を意味し、牛のお尻の骨がHの形をしているため、このような名前になったと言われています。
▼たった3%?超希少部位についてこちらで解説

イチボのおいしい食べ方

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS