ライター : さとけん

「毎日美味しいものさえ食べれれば、人は幸せになれる」 をモットーに、日々の食事を楽しみに生きています。

和牛専門焼肉「大幸園」

”多摩地区最強”の異名を誇る、知る人ぞ知る地元の名店

いま話題の「孤独のグルメSeason4」は、主人公の井之頭五郎の食べるシーンと、その心理描写をつづった異色のグルメドラマの実写化第4弾。
今回7月30日放送の第4話では、五郎さんは八王子市小宮町を訪れ、ふらっと「大幸園」という焼肉屋さんを訪れました。
箸袋に書いてあるこの電話番号下四桁が「いいにく」となっている渋いお店は、「多摩地区最強」、「他店で”上”が付く肉がこの店では普通」、「うまくて思わずにっこりしてしまう」などと評される、まさに知る人ぞ知る地元の名店なのです♪
肉を焼くのはこの昔ながらの「ロースター」 渋いですね〜 ではどんな料理が出てくるんでしょうね♪
「ナムル3種盛り」
左から「ぜんまい」・「もやし」・「にら」
「ホルモンミックス」
「小腸」・「ギアラ」・「ハチノス」・「ミノ」あたりが入っております♪

豚足

こちらは「豚足」。焼いて食べている他の客を見て筆者も焼いてみたところ、かなりの絶品にたまらず、満面の笑みでした(笑)

上ロース

そしてこちらがメインメニューの中でも食べた人が皆、おいしいと言う「上ロース」。 ドラマに出てきたお肉でもあり、その影響を受けてオーダーする人が多いそうです。 個人経営で「国産牛」を扱っているにも関わらず非常に良心的な価格設定も魅力のひとつ!
続いてどーーーん。こちらは肉厚のすごさひと目でわかる「特上カルビ」!! ステーキと変わらないんじゃないかという厚さで、濃厚な味が特徴的!
続いては、「本ヒレ」の登場! 別名、シャトーブリアンと言われるお肉は歯切れのよい食感に濃厚な味わいが秀逸。
「上タン塩」
この分厚いし見た目、そして素敵な霜降り⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾ こんなタンはナカナカお目にかかれません(笑) 柔らかく、プリプリした食感だそう♪
「あぶりレバー」
仕入れるのは”朝〆のレバー”だそうです。 この新鮮さ、思わずそのまま食べたくなりますね・・・笑 当たり前ですが「炙ってください」と言われますのでちゃんとお願いしますよ〜w
「上ヒレ」
はいキマシタ〜上ヒレ! ヒレカルビの愛称で人気メニューです。 淡白な味わいで、何枚でも食べれちゃいます!
こちらはドリンクメニューにある「生マッコリ」。 上質なお肉には上質なお酒で飲むが一番うまいですよね( ๑˃̶ ॣꇴ ॣ˂̶)♪⁺

五郎さんも嗜んだ「ヒレカルビ」をすき焼き風で♪

やはりなんと言っても五郎さんも美味しく頂いた「ヒレカルビ」を卵につけてすき焼き風に食べるのは欠かせません(๑˃́ꇴ˂̀๑)
まずは生卵(60円)とヒレカルビを注文します。この注文を受けてからカットされる肉厚のヒレカルビをロースターで焼きまして、いい感じに焼けたら・・・
肉を卵につけてすき焼き風に食べちゃって下さい⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾ 「弾力と厚みによって肉汁の放出量が最適化されたものであり、この店でしか体験できない魅惑のフレイバー」と称されております♪
残った生卵はご飯にかけて、卵かけご飯として頂くことで素敵な〆料理の完成です。

お店の詳細

和牛専門焼肉「大幸園」

住所:東京都八王子市小宮町863-3 電話番号:042-642-1129 営業時間: 平日 17:30〜23:00 (L.O 22:30) 日曜 祝日17:00〜22:30 (L.O 22:00) 定休日:水曜日 (水曜日が祝日の場合は営業し木曜が休み)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS