地元民が愛してやまない!「浜松餃子」のおすすめ店15選

静岡県浜松で食べられている「浜松餃子」は独特の丸い盛り付け方で、キャベツの多いタネなどいくつかの特徴があります。今回は超人気店「石松」「むつぎく」「福みつ」のほか、浜松市内のたくさんのお店の中から厳選しておすすめの15店を紹介します。

2018年10月10日 更新

餃子

26個 500円、32個 600円、56個 1,000円(税込み)
持ち帰り餃子は、26個入り、32個入り、56個入りの3種類です。売れ筋の26個入り、32個入りは無くなり次第販売終了。そしてお客様の購入単位も驚きです。56個入りのぎょうざを複数購入するお客さんも珍しくありませんよ!しかも、56個でも1,000円という驚きの価格!一個当たり20円以下のコスパ最強の餃子です。 浜松餃子のお店の中でも、こちら「丸和商店」の餃子はお肉が少し多め、ニンニクも強めになっています。

自家製たれは3種類!

丸和商店は持ち帰り餃子専門店ですので、ご自宅でホットプレートなどを利用して焼いて食べることになります。焼き方のコツが書かれた説明書を添付してくださいますので、安心ですね。 また、餃子のたれは、ラー油入りしょう油ダレ(辛口)、酢じょう油ダレ(甘口)、みそダレ(甘口)の3種類から選べます。
■店舗名:丸和商店 ■最寄駅:舞阪駅から徒歩だと1時間(3,873m)車でのご来店をお勧めします。 ■住所:静岡県浜松市西区大久保町2689 ■電話番号:053-485-0456 ■営業時間:9:30~18:00(売り切れ次第終了) ■定休日:日曜日・月曜日 ■禁煙・喫煙:不明 ■wifi:不明 ■参考URL:https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22019899/ ■公式HP:なし

7.餃子工房で製造過程が見られる「浜太郎」

浜松西インターチェンジから東へ15分の場所にある浜太郎餃子センターは、店内に製造工房があり、出来立ての餃子をイートインコーナーで食べることができるお店です。浜松市内に3店舗あり、どちらのお店でも作りたての餃子をお店で食べるお客様や持ち帰りを買って帰る方で込み合っています。
店内二は餃子攻防がありますので、製造工程を見ることができます。また、持ち帰り餃子は電話予約も可能ですが、無くなり次第閉店になるので、電話予約をして購入するのがいいかもですね。 店内は明るく清潔感があります。お座席はカウンター8席とテーブル席が24席の全部で32席、おひとりさまでもご家族連れでも安心して訪れることができます。

ニンニク入りの「赤」ニンニクなしの「白」

シングル(6個)290円、ダブル(12個)580円、トリプル(18個)870円(税抜き)
餃子にはニンニク入りの赤餃子と、ニンニク抜きの白餃子があります。たれも複数酒類あるのでバリエーションを楽しむこともできますね!おすすめは酢醤油に柚子胡椒で辛みをつけて食べる食べ方です。

プリプリ「桜えび餃子」

5個380円(税抜き)
通常の浜松餃子とは別に、桜えびの入った「桜えび餃子」がおすすめ!駿河湾、由比漁港で水揚げされた桜えびを使いしそと一緒に餃子の皮で包んでいます。蒸しもやしが添えられているのは浜松スタイルを踏襲していますね! また、「桜えび餃子」のほかに「あさ玉餃子」もあります。あさ玉はアサリと玉ねぎのうまみが詰まった餃子になっています。
■店舗名:浜太郎 ■最寄駅:積志駅から30分(2,515m)、車では浜松西インターチェンジから東へ15分 ■住所:静岡県浜松市東区半田山5-2-1 ■電話番号:053-545-7136 ■営業時間: ランチ:11:00~15:00(L.O.14:30) ディナー:17:30~21:00 (L.O. 20:00)※餃子がなくなり次第終了します。 ■定休日:水曜日 ■禁煙・喫煙:完全禁煙 ■wifi:不明 ■参考URL:https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22019767/ ■公式HP:http://www.hamatarou.jp/

8.遠鉄さぎの宮から徒歩3分「餃子の砂子」

遠州鉄道さぎの宮駅を出たらまず左、最初の角を左に曲がって突き当り、徒歩3分で到着します。店舗外にはお持ち帰りコーナーもあり、お仕事帰りに立ち寄る方も多い地元で愛される浜松餃子の名店です。
気さくな店主さんが迎えてくれる店内は20人で満席になるこじんまりとしたお店です。大テーブルの8人掛けはお客が多いときは相席になりますよ!赤いメニュー表がどーんと店内で存在感をだしていますね!
4 / 8
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS