話題の『オフィスファミマ』って何?各社に広がる「置き型ビジネス」とは!

「オフィスファミマ」ってご存知ですか?もしくは「オフィスグリコ」はご存知でしょうか?最近のオフィスには、商品が入った箱から欲しいものを取り、取った分だけ箱に料金を入れるという「置き型」のビジネスが普及してるんだそうです。ここではそんな便利な「置き型ビジネス」がどんなものか、ご紹介します!!

オフィスファミマって何?

「オフィスファミマ」とは、ファミリーマートが専用の販売ケースを設置し、“コンビニエンスストアの楽しみと利便性”をより身近に体感いただくために展開するサービスですのことです。

現在は、オフィスビル内をはじめ、駅構内、病院内など複数の場所でこの置き型のラックが導入され、評判もいいんだとか。
料金は募金箱的なところに入れる仕組み。信用第一ってことですね。富山の薬売りとか、田舎の野菜の無人販売みたいな感じです。

各社力を入れる置き型サービス

そもそもオフィスでの置き型サービスを定番にしたのは「オフィスグリコ」です。『オフィスグリコ』は、菓子の専用ボックスや、アイスクリームと飲料用の冷凍冷蔵庫を設置していただいた職場に対し、当社の販売員が定期的に訪問し、商品補充と代金回収を行うサービスです。

こんな感じで各地のオフィスで一定の評価を得ている「オフィスグリコ」。「オフィスグリコ」の評判が良過ぎるせいで、「オフィスファミマ」についてこんな意見もありました。
確かに真似、というか後追いの感はありますが、光の見える業態に飛び込んで行くのは企業なら当然のことです。ファミマなら食品だけでなく、オフィス雑貨も提供出来るので、置き型のシステムにもぴったりですしね。

そして、この業態に飛び込んでいるのはもちろんファミマだけではありません。多くの企業がこのシステムに活路を見出しています。

オフィスおかん

貴社に設置した冷蔵庫・専用ボックスに、1ヶ月以上保存できて健康的な、お惣菜・ご飯・スープなどを常にご用意します。 おかんがご用意する商品・料理は、独自基準をクリアした、無添加、無化調など、健康的だけどしっかりと美味しい食事に限っております。

出典: office.okan.jp

惣菜版の「オフィスグリコ」です。24時間いつでも、冷蔵庫・専用ボックスより食べたい商品を選び、1〜3分前後の電子レンジ加熱かそのままで頂けます。
通常の置き型のシステムでは売れなければ売上げになりませんが、オフィスおかんの仕組みでは企業から基本料と納入数に応じた代金の一部を得られるため、ある程度安定した売り上げが見込めるんだそうです。スゴい!!
「株式会社おかん」は無添加、長期保存可の惣菜の定期配送サービスを運営していた会社で、オフィスへの定期配送に活路を見出して「オフィスおかん」を始めたそうです。こういった置き型の場合、配送コストの管理がネックになります。今後はクレジットカード決済に対応した小型端末を組み合わせることで、在庫状況や賞味期限をリアルタイムで把握し、オペレーションの効率化を目指すそうですよ。

富士機械製造&ユニー

ユニー(株)が運営するネットスーパーと、富士機械製造が開発した「パブリックストッカシステム」というシステムが連携し、実験的に商品をロッカーで受け取るサービスが開始されているそうです。

受け取りの流れは
①利用者が当日午前中までに、ウェブまたは電話で近隣店舗のネットスーパーに
商品を注文する。

②店舗で注文を受け、ネットスーパーとパブリックストッカのシステム連携により、
受取りロッカーを最適かつ自動的に割り当てる。

③ネットスーパー配達員が事業所の
パブリックストッカに納品する。
※バーコード認証で自動開扉(右図)

④利用者が当日の退社時にパブリックストッカで
商品を受け取る。 ※ID 認証で自動開扉

出典: www.fuji.co.jp

特集一覧

SPECIAL CONTENTS