焼酎の賞味期限と保存方法。未開封と開封後でどう違う?

近年では資格までが登場している焼酎。様々な焼酎を晩酌に飲んでいる方もいるでしょう。ところで焼酎には消費期限や賞味期限があるのでしょうか?焼酎の賞味期限や詳しい扱い方についてご紹介します。焼酎好きな方必見です。

未開封の焼酎の賞味期限

焼酎の場合には基本的に賞味期限や消費期限がありません。なぜなら焼酎は、多くがアルコール度数20度以上。様々な雑菌は度数の高いアルコールの中で増殖することができないのです。一般的に雑菌やウイルスにはアルコール消毒をしますね。

それよりもはるかに焼酎の度数は高いのです。焼酎は高い殺菌効果があり、そのため雑菌が増殖して食中毒を起こす懸念もありません。こうした部分から未開封の焼酎ならば賞味期限、消費期限ともに気にせず扱うことができますよ。

開封後の賞味期限

開封した焼酎は、どのくらいを賞味期限にすればよいのでしょうか。

開封後も賞味期限はない

焼酎は上記の通りアルコール度数が高いので開封後も腐ることはありません。開封後はホコリの混入を防ぐためしっかりとフタを閉めて保存するのが適しています。

風味は落ちるのでお早めに

一度開封した焼酎は、風味が劣化してしまいますので、できるだけ早く消費するのがベストですね。

飲んだ際に劣化していると感じた焼酎は、お料理などに使うと良いでしょう。焼酎は日本酒と同じように使うことができます。煮物をする際や、お肉、お魚の下味付けなどに活用しましょう。

未開封の焼酎の保存方法

未開封の焼酎に関しては、そこまで品質の変化に敏感になる必要はありませんが、最低限、下記の条件をおさえておけば良いです。

日光を避ける

焼酎は直射日光を避けて保存しましょう。直射日光が当たってしまうと焼酎の温度が上昇することになります。極端に温度が上昇してしまうと、焼酎は劣化してしまうのです。

温度差のない場所で保存

ガスコンロの周りなど温度差の激しい場所を避けて保存してください。日光の光だけではなく、ガスコンロの周りはとても高温になります。やはり高温になると焼酎の品質が劣化してしまいますので、ガスコンロ周りや夏場に高温となるキッチン等は避けて保管した方が良いでしょう。

開封後の焼酎の保存方法

空気に触れさせない

焼酎はできるだけ空気に触れないように保存しましょう。蓋を開けたまま忘れてしまったりすると、劣化して風味が落ちてしまいますよ。しっかりと蓋を閉めて保存することを心がけましょう。

冷蔵庫には入れない

冷蔵庫での保存はおすすめしません。なぜなら、冷蔵庫は低温になりすぎてしまうからです。高温でも低温でも温度差があるのは焼酎の劣化を招く原因となります。

ただし、野菜室であれば、温度も10度前後ですし、日光による品質の劣化も防げるのでおすすめです

匂いの強いものの側に置かない

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう