ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

未開封の焼酎の賞味期限

焼酎の場合には基本的に賞味期限や消費期限がありません。なぜなら、一般的に焼酎のアルコール度数は20度以上あり、度数の高いアルコールの中で雑菌が増殖することができないためです。一般的に雑菌やウイルスにはアルコール消毒をしますね。

雑菌が繁殖することができる環境よりも焼酎のアルコール度数ははるかに高いため、焼酎には高い殺菌効果があり、それによって雑菌が増殖して食中毒を起こす懸念もありません。こうしたことから、未開封の焼酎ならば賞味期限、消費期限ともに気にせずに扱うことができます。

開封後の賞味期限

前述した通り、焼酎に賞味期限や消費期限はありません。それでは、開封した焼酎の場合は、どのくらいを賞味期限にすればよいのでしょうか。

開封後も賞味期限はない

焼酎は上記の通りアルコール度数が高いので開封後も腐ることはありません。開封後はホコリの混入を防ぐためしっかりと蓋を閉めて保存しましょう。

風味は落ちるのでお早めに

一度開封した焼酎は、風味が劣化してしまいますので、できるだけ早く消費するのがベストですね。

万が一、開封から長期間経過してしまい、飲んだ際に劣化していると感じた焼酎は、お料理などに使うと処分せずに有効に活用できます。焼酎は、日本酒と同じように料理に使うことができます。煮物をする際や、お肉、お魚の下味付けなどに活用しましょう。

焼酎ラベルに書かれた日付

前述した通り焼酎に賞味期限はありませんが、ラベルには日付が記載されています。賞味期限と勘違いしてしまいそうですが、これは「詰口(つめくち)年月日」と言われるものです。詰口年月日は焼酎を瓶詰めした日付のこと。

適切な方法で保存をしていれば、長期間保存していてもおいしさをキープできます。しかし、保存環境によっては焼酎が劣化してしまい、味や品質が損なわれてしまうこともあるので、詰口年月日を参考にしながら、適切な環境で保存をするようにしましょう。焼酎の保存方法については、次の章で詳しく解説します。

未開封の焼酎の保存方法

未開封の焼酎に関しては、そこまで品質の変化に敏感になる必要はありませんが、最低限、下記の条件をおさえておけば良いです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS