さっぱり系のラムカクテルはこちら!

モヒート

さっぱりとしたライムとミントがマッチした夏向けのラム酒ベースのカクテルが「モヒート」です。近年人気を博しているため、居酒屋などでよく見かけるのではないでしょうか。ミントの爽やかさでとても飲みやすいロングカクテルですよ。度数は約20度。 材料は、ホワイトラム:炭酸水=1:1とミントの葉、ライムまたはレモン、砂糖です。

キューバリブレ(ラムコーク)

キューバ独立戦争時に合言葉として使われた言葉がそのままカクテル名となりました。ラムとコーラが合わさった独特な味わいが魅力。ロングドリンクの中でもっとも有名なカクテルのひとつであり、世界中で人気があります。居酒屋でもよく見かけますよね。度数はおよそ10度です。

材料は、ラム:コーラ=1:3とお好みのカットライムあるいはレモンです。

ダイキリ

ダイキリは酸味と甘味が絶妙にマッチした清涼感のあるカクテルです。一般的なダイキリに加え、フローズンダイキリがあります。フローズンタイプはクラッシュアイスを混ぜたものにダイキリの材料を混ぜ合わせてシャーベット状で味わいます。 ダイキリを作る際の材料は、ホワイトラム酒とライムジュース、ガムシロップ(砂糖)があります。これらの材料をしっかり混ぜ合わせればダイキリの完成!ミントの葉やチェリーなどをトッピングして召し上がれ。お好みで柑橘類のスイーツを添えてもよいでしょう。アルコール度数は約30度。 材料は、ホワイトラム:ライムジュース=3:1と砂糖 小さじ一杯です。

エックスワイジー(XYZ)

アルファベットの終わりの3文字である「XYZ」を用いることで、これ以上のカクテルはないという意味が暗喩されているカクテルです。また、名前の由来とは違い、最後の一杯として飲まれることが多いカクテルでもあります。スッキリとした味わいでオススメですよ。度数は約25度。 材料は、ラム:コアントロー:フレッシュレモンジュース = 2:1:1です。

マイタイ

マイタイはホワイトラムとダークラムの2種類を使ったカクテルです。比較的アルコール度数が高くなりますが、フルーティーでおいしいですよ。ホワイトラムにオレンジキュラソーやフルーツジュースを混ぜ合わせ、グラスに注ぎます。その上にダークラムをゆっくりと注ぎ、2層にした状態のカクテルがマイタイですね。 トッピングにはパイナップルやオレンジなどを飾り、見た目が華やかなカクテルでもありますね。海外では、トッピングに花を使用することなどもありますよ。度数は約30度。 材料は、ホワイトラム:ダークラム:ホワイトキュラソー:パイナップルジュース:オレンジジュース:フレッシュレモンジュース=18:4:2:2:2:1です。

ブルーハワイ

ブルーハワイは比較的、初心者さんでも飲みやすいカクテルとして知られています。ホワイトラムにブルーキュラソーを加え、パイナップルやレモンジュースを混ぜ合わせたら完成です。トッピングには各種フルーツなどを使用し、見た目を鮮やかにすることがありますね。 ブルーハワイの青は名前の通り、ハワイの海や空などのブルー色を表現しているのだとか。クラッシュアイスは波を表現しているそうです。見た目が非常に爽やかで、ハワイのイメージにふさわしいカクテルですね!度数はおよそ15度。 材料は、ホワイトラム:ブルーキュラソー:パイナップルジュース:フレッシュレモンジュース=2:1:2:1
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ