ラム酒の色には3つの種類が!

ラム酒の色には3つの種類があります。それは1.ホワイトラム 2.ゴールドラム 3.ダークラムです。この3つの特徴を簡単にまとめると以下のようになります。

ホワイトラムは水と同じ無色透明。サトウキビなどの素材の味がもっとも活きているタイプのラム酒です。ゴールドラムはウイスキーやバーボンと同じ黄金色。ハーブやフルーツを使って香りがつけられているのが特徴です。ダークラムは濃い褐色のラム酒。焦がした樽で蒸留しているため、独特な香りがお酒の中にしみこみ濃厚な味わいが楽しめることが特徴です。

さらに2つのタイプにも分けられる!

ラム酒は色の種類の加えて、製造方法の違いでも分類することができます。製造方法には、大きくライトとミディアムの2つがあり、ラム酒の味や香りに影響しています。 ライトタイプのラム酒は香り、そして味も比較的軽いため、飲用として用いられることが多いです。主にホワイトラムやゴールドラムは、ライトタイプに分類されています。ミディアムタイプのラム酒は香りも芳醇で、味も濃厚な特徴を持つため、スイーツやカクテル作りに用いられています。主にダークラムがミディアムと分類されているそうです。

気になるカロリーは?

一般的なラム酒の場合は100mlあたり240kcalです。ラム酒のアルコール度数が高くなると、度数に比例してカロリーも高くなるようです。ほかのお酒に比べると、ラム酒のカロリーは比較的高いといえるでしょう。

ただ、ラム酒を一度にたくさん飲むことは少ないので、カクテルを楽しむ程度であれば神経質になる必要はないかもしれませんね。

カクテル以外のラム酒の割り方

カクテル以外のラム酒をおいしく飲むための方法をご紹介していきます。向いているタイプのラム酒を覚えておくと便利ですよ。

ストレート

ラム酒はそのままストレートでも飲むことのできるお酒です。食前酒として極少量たしなむ、食後のリラックスタイムにゆっくりと飲む、などといった方法で味わいましょう。特においしいラム酒は、ストレートで飲むのがおすすめです。氷を入れてしまうと香りが弱くなるので、ストレートが大好きな方もいるようですね。 ストレートで飲む場合には、ホワイトラムよりダークラムが向いています。飲むだけではなく、ラム酒をアイスクリームなどにトッピングして食べる方法もいいですよ。

ロック

香りが高く、おいしいラム酒は氷を入れてロックでも飲むことができますよ。小さな氷をたくさん入れるのではなく、大きな氷をひとつグラスに入れて、ラム酒を注ぎましょうオンザロックで飲む場合には、ゴールドラムやダークラムが向いています。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ