京都の和牛グルメ!松坂亭高倉店の「牛しぐれ煮サンド」に賞賛の声が続出♩

京都駅近くにある精肉店「松坂亭高倉店」。そこで店頭販売されている「牛しぐれ煮サンド」が、いまツイッターなどを中心に話題沸騰中!いったいどんなサンドイッチなのか、中身や味、評判を徹底調査しました。京都の新グルメになるかも…!?

2017年8月14日 更新

いま京都で「牛しぐれ煮サンド」がキテる!

京都駅近くにある精肉店の惣菜パンが、TwitterやInstagramなどのSNS上で話題になっています。注目を集めているのは、精肉店ならではの新鮮で高級な牛肉を惜しげもなくはさんだサ「牛しぐれ煮サンド」。

1つ300円という安さで、缶コーヒーやお茶までもらえるという良心的なサービスも人気のヒミツのようです。

今回はそんな話題の高級和牛サンドについて、味や中身を詳しくご紹介しますね。

SNSを中心にじわじわと噂に!

Twitterに次々とアップされる高級和牛サンドのウワサを見て、食べに行きたくなる人が続出しています。確かにこんなおいしそうな画像を見せられたら、ぜひとも食べてみたくなっちゃいますよね。
実際に食べに行った人の多くが、そのおいしさをTwitterなど報告して、ますます高級和牛サンドのウワサは広がってきています♩
あまりの人気のため、残念ながら完売してしまう事態もしばしば生じているようです。通常サイズのドッグパンが在庫切れになり、小さいドッグパンで代用ということも。そんな場合には、ちゃんと値段も下げて販売してくれています♩

牛しぐれ煮サンドを食べたい人が殺到しているので、1人1個という販売個数制限もあるようです。

京都駅から10分!「松坂亭高倉店」

話題の高級和牛サンドが食べられるのは、京都駅より徒歩約10分ほどのところにある「松坂亭高倉店」です。松坂牛を扱う精肉店の店先に、サンドイッチのテイクアウト用ブースがあります。

注文すると、なんとその場でお肉を目の前で調理。それも、温めなおしではなくちゃんとお肉を炒めて作ってくれるのです。

そのため待ち時間はかかってしまいますが、いつでも一番おいしい状態で食べることができます。このプレミアムなサービスで300円とは、本当に驚きですね。
お店の中をのぞいてみると、黒毛和牛など100g千円を超える高級ブランド牛から、手軽に300円で帰る和牛までいろいろな種類の牛肉が並んでいます。

「上質な牛肉がこの値段で買えるなんておトク」「いつもこの店を利用してる」「松坂牛がコスパよく買える」など、口コミでは和牛サンドだけでなく、おいしいお肉が買えることでも評判のお店です。

高コスパ!黒毛和牛の「牛しぐれ煮サンド」

300円(税込)

ウワサの黒毛和牛サンドは、ホットドッグ用のパンに高級和牛をたっぷりとはさんだ、ボリューム満点のサンドイッチです。中身には野菜はなく、お肉だけ。それでこの大きさなのですからなんとも贅沢なサンドイッチですね。

看板メニューである「牛しぐれ煮サンド」の気になるお味は、ごはんと一緒に食べたくなりそうな甘辛いすき焼き風。これが意外にも、ふわふわのパンにぴったりで絶品なのです。
「牛しぐれ煮サンド、ヤバい」「ビールが飲みたくなる」「ファーストフードよりも安いくらいなのに、お肉屋さんの本格的な味」「コスパ良すぎて原価割れらしい」など、実際に食べた人はみんな感激しているようす。
「京都に行ったら絶対リピする」「また今度も食べたい」「おいしすぎる、今度は焼肉サンドも食べたい」など、食べた人の感想を見るとヤミツキの味のようで、再訪を誓うコメントも多数寄せられています。

こんなリーズナブルな黒毛和牛のサンドを出すお店が近くにあったら、きっと通っちゃいそう。近くにお住いの人が、うらやましくなっちゃいますね。

焼肉サンドも人気!

300円(税込)

「牛しぐれ煮サンド」のほかにも、「焼き肉サンド」と「牛タンサンド」の全3種類あります。「焼肉サンド」の方は、焼肉のタレでこってり味付けされた黒毛和牛がてんこ盛り。焼き立ての香ばしいにおいや、テリテリでおいしそうな見た目で、食欲が増す逸品です。

「飯テロ!」「ダイエット中にはキツイ画像」「肉好きにはたまらない」など、口コミを見るとこちらも大人気。

「牛しぐれ煮サンド」と「焼き肉サンド」を、同時購入する人も少なくありません。

京都に行ったらマストで食べよう!

ボリュームがあって、おいしくて、安いと3拍子そろった和牛サンド。家族や友達と一緒に出かけて、「牛しぐれ煮サンド」と「焼肉サンド」、「牛タンサンド」の全部制覇してみたくなっちゃいますね。

「松坂亭 高倉店」には店先にベンチがあり、コーヒーやお茶ももらえるので、その場でランチにするのもおすすめです。

京都駅の近くですから、京都にお出かけの際はぜひ立ち寄って評判の味を試してみてはいかがでしょうか?
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう