明太子が丸々1本!「元祖博多めんたい重」は福岡観光の鉄板グルメ

博多と言えば明太子が有名ですが、今、その博多で、明太子を丸ごと1本使った贅沢な明太子のお重が食べられるお店が話題になっているんです。そのビジュアルはかなりインパクトがあります。今回は、そんな「めんたい重」について紹介いたします。

2018年1月30日 更新

フォトジェニックな博多名物!

元祖博多めんたい重の写真

Photo by macaroni

博多と言えば明太子。誰もが知っている名物ですよね。明太子を使ったグルメはいろいろありますが、博多を訪れたら絶対に食べたいお料理があるんです。その名も「めんたい重」。明太子を丸ごと1本使った豪快なお重なんですが、そのビジュアルは、一度見たら忘れられないフォトジェニックなものなんです。

今回は、そんな博多名物「めんたい重」を紹介いたします。

博多「元祖博多めんたい重」

地下鉄「中洲川端駅」または「天神駅」から徒歩5分。「元祖博多めんたい重」は、明太子の料理を研究する、明太子専門のお店です。明太子を販売するお店は福岡にたくさんありますが、意外にもお店の中で明太子が食べられる専門店はこれまでなかったんです。そこで2010年になってコチラのお店がオープンしたんです。

お店の外観は巨大な木箱のようで、とってもモダンですね。
入口を入ると明太子の売店があり、壁にはプロ野球選手や著名人のサインがずらりと並んでいます。そして、その奥と2階がレストランになっています。1階は外観同様、木の温もりが伝わる落ち着いた和風の造り。2階は大人の雰囲気が楽しめる和風モダンな空間になっています。

噂の元祖博多めんたい重

1,680円/上 2,780円/特上 3,880円

元祖博多めんたい重は、ご飯の上に刻み海苔がびっしりと敷き詰められ、その上にじっくり漬け込まれた昆布巻き明太子がドンとのっています。明太子の上には白ゴマと青じそのトッピング。そのビジュアルはかなりインパクトがあります。

明太子は丸々1本のっているものが標準。丸々2本のった「上」、丸々3本のった「特上」もあります。さらにご飯の量も150g、250g、350gから選べるんです。
元祖博多めんたい重は、お店オリジナルのタレをかけていただきます。そのタレの辛さも基本、小旨辛、中旨辛、大旨辛の4段階から選べるんです。辛さはただ単純に唐辛子の量を増やしているだけじゃなく、辛さによって唐辛子の種類を変え、辛さだけではないコクと旨味が楽しめるんです。
昆布巻き明太子自身の辛さは控えめで、口当たりはとっても滑らか。繊細で上品な味わいがお口いっぱいに広がります。日本酒、焼酎はもちろん、ワインも豊富に揃っているので、めんたい重を肴にお酒を楽しむこともできます。さらに、朝は7時から入れるので、贅沢な朝食としても食べられますよ。

明太子を使ったメニューが人気!

めんたい煮こみつけ麺

明太子と、何種類もの野菜のうまみが溶け込んだ、贅沢なスープが味わえます。じっくり煮込まれた旨味たっぷりのつけダレは、濃厚ながらもとっても上品な味わいです。麺を食べ終わったらおだしを足してスープとしてもおいしくいただけます。

麺は小(100g)、中(200g)、大(300g)から選べて、お値段はどれも同じなんです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう