虹色ラテに盛りシェイク!? 八丁堀「ロアコーヒーハウス」で楽しいひとときを♩

八丁堀に2016年1月オープンした「ロアコーヒーハウス」は、豆にこだわったコーヒーショップです。しかも、このお店のドリップコーヒーは1杯280円!さらに、カラフルな「レインボーラテ」も楽しめます。いったいどんなお店なのでしょうか?

2017年6月12日 更新

ライター : peridot99

和歌山紀南出身ライター

和歌山紀南出身webライター。青い海、緑がいっぱいの自然に囲まれた紀南地方には新鮮な魚介類や野菜など食材も豊富。和歌山の食の魅力をご紹介します。

珍しいカフェメニューに出会いたいなら♩

八丁堀に平日しか営業していないコーヒー専門店があります。お店の名前は「ロアコーヒーハウス」。ハンドドリップで抽出したこだわりのコーヒーや、コーヒーとミルクの相乗効果のエスプレッソなどを味わうことができます。
飲み物はコーヒーだけではありません。紅茶もサンフランシスコで人気のフレーバーティーが用意され、ラテやホットチョコレート、自家製レモネードなどドリンクも充実しています。できたてのパニーニもいただけますよ。
今回は、いま注目のコーヒーショップ「ロアコーヒーハウス」をご紹介します。

八丁堀「ロアコーヒーハウス」

ロアコーヒーハウスは、八丁堀駅から徒歩3分のところにあります。海外のカフェに来たようなおしゃれな外観、お店のスタッフもほんわかしていて、雰囲気もGOOD!です。
外では喫煙者用のスタンドもあるので、コーヒーを飲んだり、食事をすることもできます。たばこを吸う人にとっては、周りに気を使うことなく、ゆっくりティータイムを楽しむことができますね。
ロアコーヒーハウスは、職場の近くで、豆にこだわったおいしいコーヒーをコンセプトに、2016年1月にオープンしたコーヒーショップです。お手頃価格でコーヒーが飲めるのも魅力のひとつ。
店内は、カウンター4席にハイスツール2席、テーブルが1つあり、テイクアウトを待つ人のためにソファが2つ置いています。
座席数が少ないので、テイクアウトをする人が多いようです。平日の贅沢な時間を楽しむなら、こんなカフェはいかがでしょう。

フレーバーラテはレインボーに!

カフェラテ 380円
カフェラテをレインボーにするには、ホワイトまたはエスプレッソが選べます。どれにしようか迷ってしまいそうですね。そんなときは、両方注文してみてはどうでしょう。
レインボーのカフェラテを飲んだ人は「ビックリです!飲むのがもったいないと思いました。」「色がすごい!」と、インスタでつぶやいています。
エスプレッソトニック 380円
ホワイトは、このように別の容器にエスプレッソが付いてきます。ホワイトを注文して、エスプレッソを少しずつ入れながら、変化を楽しむのもいいですね。
抹茶ラテ 390円
カフェだけではなく、抹茶ラテもレインボーに変身です。カフェラテとは、また違った印象になりますね。

甘党ならエクストリームシェイクは必食

最近流行っている「エクストリームシェイク」とは、メガ盛りのシェイクにワッフルやチョコなどをトッピングした飲み物です。エクストリームシェイクを飲んだ人は「シェイクなんだけど、すごいでしょ!? 上にワッフルやら色々もりもりで、2人で食べたけど、かなりお腹いっぱいになった〜」と話しています。
ロアコーヒーハウスのエクストリームシェイクは、チョコカオス・ベリーブラスト・キャラメルカタストロフィーの3種類、テイクアウトもOK!です。ただ、テイクアウトにすると、テイクアウト専用の容器になるので、ビジュアルは少し異なるので注意。

チョコカオス

チョコが好きな人におすすめなのが、チョコカオスです。飲んだ人はこんな感想を話していますよ。
「すごい、モリ盛りのチョコバーや、シリアルバーがグサグサ刺さってて、まるでおもちゃ箱みたい!」「シェイク本体は意外にもサッパリしていて甘すぎず、飲みやすい味。飾りにM&M’sのチョコがついていたり、これでもかーと言うほどチョコをいただくことができる」
あふれんばかりのチョコレートを目の前にして、テンションが上がらないわけがないですよね。

ベリーブラスト

「もりもりミルクシェイク。そのボリュームに一瞬おぉっとなりましたが、あっという間にペロリでした」確かにこれを見ればおぉっ!となりますよね。でも、ベリーなので甘酸っぱくて、最後まで飽きずに飲むことができますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS