もっちり極厚トースト♪ 水道橋「ディゾン」でわくわくカフェ時間

東京の水道橋にあるコーヒー専門店「ディゾン(DIXANS)」。おしゃれで居心地がいい空間と、そこでいただける厚切りトーストや個性的なラテアート、人気パティスリーのケーキを目当てに来店するおしゃれ女子が後を絶たない、隠れた人気店なんです。

2018年9月13日 更新

ワクワクする厚切りトースト♩

東京を象徴するもののひとつといえる「東京ドーム」や、ショッピング・スパが楽しめる「ラクーア」、格闘技の聖地「後楽園ホール」など、さまざまな施設が隣接している水道橋。そんな多くの人が訪れる街で、密かな話題となっているコーヒー専門店があります。

お店の名前は「ディゾン(DIXANS)」。思わず二度見してしまいそうになるほどの極厚トーストと、繊細でかわいいラテアートが有名な人気店です。

なんでも、トーストに使用しているパンは吉祥寺の人気ブーランジェリーのもの、お店で提供されるケーキは武蔵小山で人気パティスリーのものと、見た目もさることながら本格フードが味わえることでも話題をよんでいるんです。今回は、水道橋に行ったら必ず立ち寄りたい「ディゾン」の魅力をたっぷりお伝えします!

水道橋のコーヒー専門店「ディゾン」

東京・水道橋駅の東口から徒歩4分、あるいは都営三田線 水道橋駅A2出口を出て、白山通りを神保町方面に6分ほど歩いたところにある「ディゾン」。お買い物やお出かけの休憩にぴったりです。古いビルの一階にあり、外観は最近よくあるおしゃれなカフェといった佇まい。チョークアートの看板に「DIXANS」と書いてあるのが目印ですよ。
店は細長い造りで、サードプレイス系のおしゃれな雰囲気。コンクリート打ちっぱなしの壁にウッディーなインテリアです。
座席数はまず入って左手に6席ほどのカウンター席、その奥と、奥の窓際にもカウンター席があります。テーブル席は、奥の大きな8人がけのテーブル席の他に、2人がけのテーブルが数個あるだけです。照明が全体的に暗めでシックな雰囲気です。カウンター席には電源があり、フリーWifiも提供されています。

「ケーキのコーヒーのマリアージュ」をコンセプトに、おいしいケーキとコーヒー、そして時間帯によってはお食事系メニューも充実しています。ちょっとした休憩やランチなど、さまざまなシーンで利用できそうですね。

ディゾンに込められた意味は?

「ディゾン」というネーミングには「10周年」という意味が込められているのです。ちなみにフランス語で10DIXANS=10ディゾン=10周年という意味。武蔵小山のパティスリー「ドゥ ボン クーフゥ」のフラッグシップカフェとして、パティスリーの開店10周年の記念に作られたそうです。

売り切れ必至⁉︎ 厚切りトースト

店いちばんの人気メニューは、十文字に切込みを入れた真ん中にバターがじゅわーっと溶けていて、いかにもおいしそうな厚切りトースト。4cmはありそうな厚さです。実はほどよく溶けたグラニュー糖のほんのりとした甘さも感じます。

この厚切りトーストはいつでもメニューに載っているものなのですが、時間帯によっては売り切れてしまい、食べられないこともあるので注意が必要です。確実に食べたいならば、早い時間に来店することがおすすめです。

吉祥寺の人気ベーカリーのパンを使用!

実はこの黒糖パンは、吉祥寺の「ブーランジェリー・ビストロ・エペ(Boulangerie Bistro EPEE)」のものを使っています。このブーランジェリーは、2013年8月にオープン。井の頭通りから少し公園側に入ったところにある、イートインもできるステキなブーランジェリー・カフェです。
このトーストを目当てに来店する方も多く、「黒糖のほんのりした甘さの厚切りトーストに塩気の効いたバターがじゅわ〜っと。これはおいしい!」「小ぶりなパンですが、厚切りでむっちりと詰まったトーストです。満足!」と、SNSでも称賛の声がたくさん投稿されていました。
かなりボリュームたっぷりに見えますが、「バターたっぷりつけてあっという間に完食!」「厚みはあるけれど小さめなので、ペロリと完食できた」と、意外とすんなり食べられてしまうのだとか。バターがじゅんわり染み込んだ中央部分と、しっかりトーストされた食パンの耳、いろいろなおいしさが一度に楽しめますよ。

かわいいラテアートに癒されよ♩

ディゾンのラテアートにも要注目!最近はラテアートを提供してくれるお店も多いですが、ここのはありがちなラテアートではなく、季節の行事やお天気に合わせて描いてくれるユニークなラテアートなんです。
寒い冬の日には、雪だるまと男の子のキュートなラテアートが。舌をぺろっと出したいたずらっ子を優しく見守る雪だるまの組み合わせがとってもかわいいですよね♩体の芯まで冷えるような日でも心も体もほっこりすることができそうです。
肌寒い日には、もこもこのマフラーと帽子でとっても暖かそうな男の子にキュン♩「食べるのも飲むのももったいないくらい絵になる!」と、心まであたたかくなりそう。
猫好きにはたまらない、こんなにかわいいラテアートも。ほかにも、うさぎやクマなどいろいろな動物たちのパターンがありますよ。次はどんなラテアートが楽しめるのかと、何度でも行きたくなりますよね。
もちろん季節ごとのイベントにも注目です。節分の日には、ちょっぴりいじわるな表情を浮かべたキュートなかみなりさまが。「節分!かわいい鬼さんラテアート。今日は恵方巻きでも食べようかな♩」と、イベント気分をさらに盛り上げてくれますよ。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

zuenmei

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう