もっちり極厚トースト♪ 水道橋「ディゾン」でわくわくカフェ時間

東京の水道橋にあるコーヒー専門店「ディゾン(DIXANS)」。おしゃれで居心地がいい空間と、そこでいただける厚切りトーストや個性的なラテアート、人気パティスリーのケーキを目当てに来店するおしゃれ女子が後を絶たない、隠れた人気店なんです。

2018年9月13日 更新

ワクワクする厚切りトースト♩

東京を象徴するもののひとつといえる「東京ドーム」や、ショッピング・スパが楽しめる「ラクーア」、格闘技の聖地「後楽園ホール」など、さまざまな施設が隣接している水道橋。そんな多くの人が訪れる街で、密かな話題となっているコーヒー専門店があります。

お店の名前は「ディゾン(DIXANS)」。思わず二度見してしまいそうになるほどの極厚トーストと、繊細でかわいいラテアートが有名な人気店です。

なんでも、トーストに使用しているパンは吉祥寺の人気ブーランジェリーのもの、お店で提供されるケーキは武蔵小山で人気パティスリーのものと、見た目もさることながら本格フードが味わえることでも話題をよんでいるんです。今回は、水道橋に行ったら必ず立ち寄りたい「ディゾン」の魅力をたっぷりお伝えします!

水道橋のコーヒー専門店「ディゾン」

東京・水道橋駅の東口から徒歩4分、あるいは都営三田線 水道橋駅A2出口を出て、白山通りを神保町方面に6分ほど歩いたところにある「ディゾン」。お買い物やお出かけの休憩にぴったりです。古いビルの一階にあり、外観は最近よくあるおしゃれなカフェといった佇まい。チョークアートの看板に「DIXANS」と書いてあるのが目印ですよ。
店は細長い造りで、サードプレイス系のおしゃれな雰囲気。コンクリート打ちっぱなしの壁にウッディーなインテリアです。
座席数はまず入って左手に6席ほどのカウンター席、その奥と、奥の窓際にもカウンター席があります。テーブル席は、奥の大きな8人がけのテーブル席の他に、2人がけのテーブルが数個あるだけです。照明が全体的に暗めでシックな雰囲気です。カウンター席には電源があり、フリーWifiも提供されています。

「ケーキのコーヒーのマリアージュ」をコンセプトに、おいしいケーキとコーヒー、そして時間帯によってはお食事系メニューも充実しています。ちょっとした休憩やランチなど、さまざまなシーンで利用できそうですね。

ディゾンに込められた意味は?

「ディゾン」というネーミングには「10周年」という意味が込められているのです。ちなみにフランス語で10DIXANS=10ディゾン=10周年という意味。武蔵小山のパティスリー「ドゥ ボン クーフゥ」のフラッグシップカフェとして、パティスリーの開店10周年の記念に作られたそうです。

売り切れ必至⁉︎ 厚切りトースト

店いちばんの人気メニューは、十文字に切込みを入れた真ん中にバターがじゅわーっと溶けていて、いかにもおいしそうな厚切りトースト。4cmはありそうな厚さです。実はほどよく溶けたグラニュー糖のほんのりとした甘さも感じます。

この厚切りトーストはいつでもメニューに載っているものなのですが、時間帯によっては売り切れてしまい、食べられないこともあるので注意が必要です。確実に食べたいならば、早い時間に来店することがおすすめです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

zuenmei

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう