インスタ女子集合♩代官山「ボンドルフィボンカフェ」の新感覚ソフトで春満喫!

おしゃれの聖地・代官山にあるおしゃれなカフェ「ボンドルフィボンカフェ(bondolfi boncaffē)」をご存知でしょうか。今、そこで食べられる「アラゴスタソフト」が話題なんです。「アラゴスタソフト」とは一体何者なのかご紹介します!

新感覚ソフトクリーム発見♩

テノハ代官山(TENOHA代官山)にある「ボンドルフィボンカフェ(bondolfi boncaffē)」に、今まで見たこともない新感覚のソフトクリームが登場しました。クロワッサンのような生地の上にソフトクリームがのった、とってもフォトジェニックなビジュアルのスイーツなんです。その話題ぶりからクロワッサンソフトがブームになりそうな予感が。

さらに季節限定で花見を愉しくするソフトも登場しています。今回は代官山のおしゃれなカフェ「ボンドルフィボンカフェ」について紹介いたします。

代官山「ボンドルフィボンカフェ」

ボンドルフィボンカフェは代官山駅前にあった「代官山ラヴェリア」と「代官山東急アパートメント」をリニューアルした期間限定の商業施設「テノハ代官山」の中にあります。街の中にありながらも、緑豊かな中庭があります。ボンドルフィボンカフェはおしゃれの聖地・代官山にふさわしく、とっても洗練されたお店なんです。
ボンドルフィボンカフェは、1855年にローマで生まれ160年以上の歴史を持つコーヒーメーカーが、日本で初出店したカフェです。エスプレッソはわざわざローマから空輸されるため、とっても上質な味わいが楽しめるんです。

さらにエスプレッソにチョコレートとミルクを注ぎ、カカオをトッピングしたオリジナルドリンク「カポッチョーネ」や、ほかではなかなか味わうことのできないおしゃれなスイーツが、店内はもちろん、テラス席でもいただけるんです。優雅なカフェタイムが過ごせそうですね。

話題のアラゴスタソフト♩

そんな中で今SNSなどで話題になっているのがアラゴスタソフトです。アラゴスタソフトの最大の特徴はイタリアの伝統菓子「アラゴスタ」を使ったコーンです。ローマではこれがメジャーなんだそうですが、日本人にしてみたら新しい食感に大興奮ですね。
コーン部分になっている何層にも重なった生地は、外側はザクザクのパリパリで、内側はもっちりしています。そう、まさにクロワッサンなんです。そのコーンの中にはカスタードクリームがたっぷりと詰まっていて、その上にソフトクリームがのっているんです。
定番のバニラのほか、エスプレッソ、ピスタチオ、チョコバナナ、さらには季節限定フレーバーなども登場します。アイスはなめらかでとろけるような口当たり。おしゃれな見ためとは違いボリューム満点で、食べごたえは十分です。

期間限定の桜のソフトが大人気♩

この春、季節限定で桜のアラゴスタソフトが販売されています。桜のソフトクリームに苺のクランチとソースがトッピングされ、抹茶のわらび餅とチョコレートが刺さっています。桜ソフトは桜餅を連想させる上品な淡い塩味で、甘酸っぱい苺ソースとの相性もバツグン。お口いっぱいに春が広がります。
クロワッサン生地のようなコーンの中には、カスタードクリームが入っています。上にのった桜ソフトを溶かしながら食べれば、まるで桜香るカスタードパイを食べているようなしあわせな気分になれます。一度で二度おいしいとはこのことですね。
このカスタードと桜ソフトが混じり合ったミルキーで爽やかな味わいと、生地のザクザク感がたまらないとSNSなどで一気に話題になりました。アイス好きの方にはもちろん、パイ好き、パン好きの方にもぴったりのスイーツですね。

桜の季節には桜ラテも

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう