ライター : migicco

神奈川在住。2歳の娘と一緒にくいしんぼうライフを送っています。好きなアイスは雪見だいふくです。

ひな祭りにはかかせない「ひなあられ」

3月3日のひなまつりは女の子が美しく成長し、末永く幸せになれるように祈り祝う節句です。女の子がいるというお家では、おいしい食事と雛人形でお祝いするのを楽しみにしているかもしれません。 そんなひなまつりに欠かせないお菓子のひとつが、「ひなあられ」。時期が近づくといろんな所で販売されているのを見かけますが、その由来や、東と西でかなり違う食べ物だということはご存知でしょうか?そんなひなあられについてお話していきましょう。

ひなあられの由来・起源とは?

そもそも、ひなあられはどのようにして誕生したのでしょうか。ひなあられが食べられるようになったのは、江戸時代に流行したという「雛の国見せ」という行事が関係しているといわれています。 「雛の国見せ」とは、部屋に飾られているひな人形を野外に連れ出して、春の景色を見せてあげるという風習です。その際に菱餅を屋外でも食べられるようにと砕いて持っていったのがひなあられの始まりといわれています。 桃の節句であるひなまつりや笹の節句である七夕をまとめた五節句も、江戸時代に幕府が公的な行事として定めたそう。ひなまつりが一般町民に普及した時期ということからもひなあられの誕生は江戸時代ごろと言えそうです。

ひなあられと菱餅の色の意味とは?

ひなあられは基本的に3色もしくは4色のものが一般的ではないでしょうか。実は単に色が増えただけではなく、それぞれに意味をもっており、いずれも女の子の成長をイメージしたものとなっているんです。

3色のひなあられ

3色のひなあられの色は「赤・緑・白」です。赤は血や命など生命のエネルギーを意味しています。緑は木々の芽吹きをイメージしており自然の生命力やエネルギーを、白は雪の大地をイメージして大地のパワフルなエネルギーをそれぞれ表しているのだそう。「女の子がそれら自然のエネルギーを受けて、健やかに成長しますように」という意味を込めてこの3色が使われています。

4色のひなあられ

4色のひなあられは、3色に黄色が加わります。この4色は、赤が花のイメージから春、緑が新緑のイメージから夏、黄色が紅葉のイメージから秋、白が雪のイメージから冬と、春夏秋冬を表しています。「一年を通じて女の子が健やかに成長しますように」という意味が込められているんだとか。父母の愛が伝わってきそうですね。

関西、関東で違うひなあられ

関東のひなあられ

諸説はありますが江戸で流行した「爆米」というもち米を爆ぜさせた菓子や、うるち米を爆ぜさせるポン菓子をもとに作られます。そのため関東のひなあられは米粒ぐらいの大きさのものが多く、砂糖を使い甘く味付けされています。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS