北欧アイテムと一緒に

北欧のフィンランドは世界でも有数なデザイン王国で、「フィンランド・デザイン」とも呼ばれ、多くの有名デザイナーを輩出してきました。折しも今年2017年1月14日(土)〜 3月20日(月・祝)まで、福岡市博物館で「フィンランド・デザイン展」が開催中です。気になる方は、ぜひチェックしみてくださいね。

三角屋根付きムーミンハウス

ムーミンが登場する作品のなかで、もっとも初期の1945年に出版された「小さなトロールと大きな洪水」の、出版70周年を記念して2015年に発売された「ムーミンハウス」です。ブルーのムーミンハウスに、紙製の赤いとんがり屋根が付属している、ユニークな商品ですよ。

ミィ大好き!

ムーミン作品で忘れてはならない存在が、ミィですよね。イメージカラーの赤を用いたマグカップは、まさにミィ色に染まったミィ好きのための商品と言えるでしょう。キャラクターのたった、かわいらしいデザインのマグカップです。

愛おしいデザイン

「ピンク ラブ」は現在出ているなかで、もっとも古い絵柄です。ムーミンとフローレンとはいつも一緒の相思相愛。しかし、フローレンと恋人同士のムーミンは、愛は時に切なく、悲しいものだということを学びました。
ムーミンマグは発売当初から子供用ではなく、大人向けのギフトなどをターゲットにした商品。いかにもそのエピソードを連想させますね。

スノーバージョン2016

こちらは、2016年冬季限定品「スノーホース(Snow horse)」です。冬眠から目覚めると、そこはすべてが雪に覆われた一面の銀世界。雪でできた大きな馬に驚く、ムーミンの様子が描かれています。寒さの厳しい、北欧らしいモチーフですね。

スノーバージョン2015

毎年楽しみな、ウィンターシーズンのムーミン。こちらは、2015年冬季限定アイテムです。書籍「ムーミン谷の冬」からの一場面。ムーミンはぐっすりと冬眠中のようです。カップの裏側には、ご先祖様が描かれているんですよ。冬眠中のムーミンをやさしく見守っているのかな?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ