本日のかぶと煮

本日のかぶと煮(写真は金目鯛) 980円
魚介類の目利きのご主人が仕入れてくるお魚は余すことなくいただきたいものです。日によってお魚の種類やお値段が変動しますが、かぶと煮はおすすめ!新鮮な金目鯛や真鯛のかぶとはスーパーなどでは手に入りにくく、しめ方によっても味が変わります。そこは「はれたりくもったり」のご主人。それぞれのお魚に合わせた調理方法で最高のかぶと煮を出してくれます。

お酒

はれたりくもったりで取り扱っている日本酒の一例。この日は夏酒や銘酒が彩りみどり。 グラス480円〜
おいしいお魚を肴にいただくお酒は何杯でもいけそうですよね。こちらのお店は焼酎の種類も九州の芋を始め、種類も豊富。かと思ったらワインも各種そろっていて、日本酒もその時の入荷によってですが、希少銘柄があることも!こだわりのお料理に合うお酒が種類豊富なので、ついついお酒が進みます。

店舗情報

■店舗名:はれたりくもったり ■最寄駅:新橋駅 ■住所:東京都中央区銀座8-4 ギンザナイン2 B1F ■電話番号:03-3571-8091 ■営業時間:[ランチ]11:30~14:30 [ディナー]18:00~23:00 ■定休日:日・祝

まだある!魅力的な食べ放題のお店

新橋「やまや」

日替わり定食 1,000円(税込)

最近オフィス街を中心にもつ鍋のチェーン店として数を増やしている「やまや」。実はここのランチタイムもお得度マックスの食べ放題ランチが食べられるのです。
唐揚げや豚の生姜焼きなどの定食が、どのメニューを頼んでも明太子と高菜が食べ放題!もう、ご飯だけ頂ければ十分です!というくらい上等な明太子が、テーブルの上にどどーんと鎮座していますので、誰にも気兼ねなく好きなだけ頂けます。前のお客さんが帰ったら、次のお客さんが座る前に山盛りの器にきちんと替えてくれているんですよ。
そしてこのランチ、こんなに贅沢なのにお値段はどの定食も1,000円(税込)なんです。こんなお得なランチとなれば、近隣のオフィスビルからサラリーマンが集まって行列を作るのも当然ですね。
店舗情報
■店舗名:やまや 新橋店 ■最寄駅:新橋駅 ■住所:東京都港区新橋2-5-5 MTビル 1F ■電話番号:03-3595-8080 ■営業時間:ランチ[月〜金]11:00~14:00 ディナー[月〜土]17:00~23:00 ■定休日:日曜日・祝日、ランチは土日休み ■公式HP:http://www.y-shokukobo.com

神楽坂すしアカデミー

江戸前寿し食べ放題 男性3,758円、女性3,218円
お寿司の食べ放題と聞くと、100円寿司のようなペラペラのネタが乗せられたお寿司を思い浮かべがち。しか!!こちらはちゃんと握られたお寿司の食べ放題です。しかも、女性3218円、男性3758円(税込)で楽しめるんです!100円寿司でもちょっと贅沢に食べたらこれくらいになってしまうこともありますよね。
実はこちらのお店は「東京すしアカデミー」という寿司職人を養成する専門学校の直営店。店内でお寿司を握っている若い板前さんたちは、未来の寿司職人の卵なんです。もしかすると、ごく稀に握りが上手くいかなかったりサビがはみ出てしまったりなんていうアクシデントもあるかもしれません。でも上質なネタを手握りでこの価格で食べ放題なら、何の文句もありませんよね。
店舗情報
■店舗名:神楽坂すしアカデミー ■最寄駅:飯田橋駅 ■住所:東京都新宿区神楽坂3-6-3 ヒルトップビルB1F ■電話番号:03-6265-0047 ■営業時間:11:30~22:30 ランチ 11:30~14:00 ■定休日:無休 ■公式HP:http://kagurazakasushi.com

新大久保「プングム フレッシュ店」

サムギョプサル食べ放題 ランチ1,836円、ディナー3,218円
ランチタイムにはサムギョプサルを食べ放題1,836円(税込)で楽しめるプングム!フレッシュ店はディナータイムも食べ放題で3,218円(税込)です。なんと太っ腹!! もちろんサンチュやエゴマの葉も食べ放題ですので、おいしくたっぷり食べられますね。そしてサイドメニューの韓国料理もオーダー式で、お味もいいと評判です。
店舗情報
■店舗名:プングム フレッシュ店 ■最寄駅:新大久保駅 ■住所:東京都新宿区大久保1-16-14 山水林ビル B1F ■電話番号:03-3202-9678 ■営業時間:11:00~翌24:00 ランチ 11:00~16:00 ■定休日:無休 ■公式HP:http://www.pungumu.com
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS