連載

手が止まらない!ローソン「キャラメルバナナクロッカン」の食感が最高すぎる!

2016年冬のローソンに、南フランスの伝統菓子クロッカンをアレンジした「キャラメルバナナクロッカン」が仲間入り!バナナチップとキャラメル味のアメが生み出すカリカリ食感が「楽しい!」と話題の新商品、いったいどれだけおいしいのでしょう!?

2016年12月18日 更新

ローソン「キャラメルバナナクロッカン」新発売

1日1食、新商品や話題の商品を実際に食べてみるこの企画。
本日は、2016年12月13日(火)よりローソン各店(一部店舗をのぞく)で発売された「キャラメルバナナクロッカン」をご紹介します。
クロッカン(Croquant)といえば、「カリカリとした食感」という意味をもつ、南フランスの伝統的なお菓子のひとつ。クルミやアーモンドを使用したものがどちらかというとポピュラーですが、この新商品ではバナナチップを使っているんですね。
バナナチップとキャラメル、デニッシュ生地が組み合わさってどんなスイーツになったのか。確かめてみたいと思います!

パッケージの外から見てもおいしそう

透明なフィルムごしに中身のクロッカンが見えるんですが、いかにもカリカリッとしていておいしそう。表面のアメは若干ねっとりしているようで、ベッタリと張り付いています。
包装から引っ張り出して、「キャラメルバナナクロッカン」とご対面!
デニッシュ生地の上にぎっしり乗せられたドライバナナのチップが、こはく色のアメで固められています。
さわってみると、見た目どおりの硬い感触。かなりしっかりと焼き上げられています。

意外なくらい食べやすい

このデニッシュ生地、よく見ると小さなパーツを寄り集めたようになっていて、少し力を入れるとバラバラッとわかれます。ちょうど食べやすそうな大きさになったので、さっそくひとつつまんでみました。
まず驚いたのは、デニッシュ生地にもバナナの風味がつけられていること。バターとバナナの香りってとっても相性がいいんですね。生地はほどよくしっとりとしていて口当たりがよく、それだけを食べても十分おいしく感じられます。

アメにはほのかにビターなキャラメル味がつけられていて、バナナの甘さとのマリアージュがいい感じ。全体の食感は想像どおりのカリカリッで、食べること自体がとっても楽しいクロッカンでした。

この食感、一度は体験すべきです

クセになりそうな食感を楽しませてくれた「キャラメルバナナクロッカン」。とってもおいしかったです。

パンをバリボリ鳴らして食べるこの感覚……、ほかのパンやスイーツではちょっと体験できないかも。まだ試していないという方は、ぜひお近くのローソンで手に入れてみてくださいね。
(文・写真:植松)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。

商品情報

商品名:キャラメルバナナクロッカン
価格:130円(税込)
発売日:2016年12月13日(火)
発売場所:ローソン各店(一部の店舗をのぞく)

成分表示

カロリー 349Kcal
たんぱく質 4.2g
脂質 21.7g
炭水化物 34.1g
ナトリウム 160mg

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう