おこめ券の意外すぎる使い方とは?じつはお米以外にも色々買える!

様々な種類のある金券のなかでも、意外と知られていないのが「おこめ券」。その名の通りお米を買うことができる券ですが、どんなお店に使えるのか、そしてお米以外のものも買うことができるってご存知でしたか?今回はおこめ券について詳しくご紹介します。

おこめ券の使い方、知ってる?

おこめ券というものを聞いたことがあるでしょうか。一昔前は流行していたのですが、もしかすると今はあまり聞かないかもしれません。そんなおこめ券ですが、贈り物としてよくお祝い、お礼、企業活動などで使われているものなんです。

おこめ券をもらった人は、その名の通りお米にも使えますし、違うものを購入するのにも一部使うことが出来るため、とてもうれしい券でもあります。今日はそんなおこめ券のことについて、詳しく紹介していきたいと思います。

そもそも「おこめ券」とは

おこめ券は、全米販(全国米穀販売事業共済協同組合)が発行したお米に対する商品券であり、昭和58年に発行されたものです。実は2016年11月で発行から33周年を迎えています。

百貨店などで使える商品券と同じような価値があり、贈り物として活躍しています。今はポイントや電子マネーといったお得なものが流行していることから、商品券などは以前ほど流行していませんね。商品券を自分のために買う人は少ないです。

貰ってうれしいのが商品券でもありますが、最近は贈り物としては多様性が出てきているため、商品券に限らず様々なものが贈られることが多くなっています。

おこめ券はどこで買える?

そんな贈り物として使われているおこめ券ですが、どこで購入できるかご存知ですか。商品券は百貨店などで購入できるイメージがありますよね。おこめ券も商品券と同じところで購入できます。

おこめ券が購入できるのは「スーパー」「百貨店」「お米屋」などです。おこめ屋ではおそらく商品券は購入できないと思うので、おこめ券ならではの購入方法ですね。また、おこめ券を発行している全米販(全国米穀販売事業共済協同組合)のホームページでも購入できます。

おこめ券の価値

貰ってうれしいおこめ券の価値についてです。まずおこめ券の裏面にはおこめ券1枚につき1kgと記載されており、10枚あることで10kgのお米を購入できると思ってしまう方が多いのですが実はそうではなく、おこめ券の価値は「1枚あたり440円」。5枚で2,220円分、10枚で4,400円分のお米を買うことが出来る券なのです。

金券ショップなら安価で買えるかも

そんなおこめ券ですが、購入するときは定価で買うと、1枚あたり500円という価格設定になっています。おこめ券をたくさん購入しようと考えているのであれば、金券ショップやインターネットオークションなどを利用することで、500円以下で購入できるかもしれません。

1枚あたり500円で使用できるのが440円なので、出来れば購入するときもそれに近づいた金額で購入したいですよね。

おこめ券の使い方

おこめ券はどこで使えるか

では、おこめ券が使えるお店はどこなのでしょうか。おこめ券ということですから、お米を専門に扱っているお店はもちろん使えます。その他、「スーパーマーケット」「百貨店」「コンビニ(一部)」でも使うことができるんです。

おこめ券が使える場所では「おこめ券取り扱い店」というステッカーが貼られています。分からなければ店員さんに聞いてみましょう。ちなみにスーパーで使える店は以下のようになっています。

・イオン
・イトーヨーカドー
・SEIYU
・HEIWADO
・マックスバリュー
・ユニー
・イズミヤ

全国に多くチェーン展開しているスーパーでは、だいたい使うことができるようです。
ちなみに、コンビニではファミリーマートでの使用が可能。店舗によっては、取扱い不可のケースもありますので、店員さんに事前に確認してみることをおすすめします。

おこめ券での支払いと使用期限

おこめ券は先ほど伝えたとおり、券1枚あたり440円の価値があり、現金と同じように使うことが出来ます。もし手元に10枚あるのであれば、4,400円の現金があるのと一緒です。

お目当てのお米を見つけたら、ぜひおこめ券を使って購入しましょう。購入するときのポイントとしては、もし10kgで4,500円のお米を購入しようと思っている場合は、100円の差額を支払うことで購入できるということです。足りない分は、現金で補えば購入が出来るのです。

注意しておいてほしいのが、おつりです。もし手元にある券の合計金額よりもで安い品物を購入しようとする場合、おつりが出るか出ないかはお店によって異なるようです。これは公式に何か表示されているものではなく、全米販(全国米穀販売事業共済協同組合)もお店に任せているとのこと。

また、おこめ券の太っ腹なところが「使用期限がない」という点です。そのため、昔もらったものが今でも残っている方、使用期限がないことで、使うタイミングを見失ってしまったという方もいるかもしれませんね。見つけたらぜひ財布に忍ばせて利用しましょう。

販売店の記載がなくても大丈夫

先ほど、おこめ券が使える店は「おこめ券販売店」のステッカーが貼られているお店と紹介しましたが、ステッカーが無くても使うことは出来るので、もし使いたいお店があれば店員さんに聞いてみましょう。

実は、お米以外の買い物にも使える

ドラッグストアで買い物できる

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう