女性の性欲が減退してる!? 眠る性欲を「食」と「住」で呼び覚ます

「今日は疲れてるから」。最近、女性の性欲が減退気味だと言われています。彼の求める期待に応えられず、悶々とした気持ちを抱えている女性が多いのではないでしょうか。性欲が減退している原因は、じつは女性のメンタル面が深く関係しているようです。

女性の性欲が減退気味?

「今日は疲れてるから」。

これは、男性からの夜の誘いを断るときに女性がよく使うセリフ。そうなんです、どうやら最近、女性の性欲が減退しているらしいんです。

子孫を繁栄したいという思いが強い男性にとっては、危機的状況と言えるでしょう。

そんな男性の気持ちとは裏腹に、彼がささやく愛の言葉の向こう側に潜むセックスを考えるだけで、げんなりしてしまう女性が多いはず。そもそもどうして性欲が減退しているのか、その原因を探ります。男性の方は、心して読んでください。

女性の性欲のピークは30代後半?

気になる女性の性欲ですが、35〜40歳にピークを迎えると言われています。それは、30代を過ぎると女性ホルモンの代表格「エストロゲン」の分泌量が減り、反対に性欲がアップする男性ホルモン「テストステロン」の比率が多くなるからです。

それに加え、20代と比べると10年の歳月は多少なりとも何らかの変化をもたらします。自分を取り巻く環境が変わると同時に、気持ちに余裕が生まれてセックスの楽しみ方もまったく違うものになるようです。

どうして減退するの?

アルコール

過度のアルコール摂取もまた、性欲の減退スピードを加速させます。アルコールは中枢神経に作用して、性欲を低下させてしまうそうなんです。確かにアルコールは、日頃のうっぷんを晴らすには最高のアイテム。でも飲み過ぎは、性欲の低下に拍車をかけてしまうみたいです。

睡眠不足

精神的ストレスは睡眠不足に直結し、それがさらに疲労となって現れます。疲労が続いてクタクタになって帰ってきた日に誘われても、「面倒くさいな」と感じてさらに性欲が低下するんだそう。ストレスを抱えたままことに及んでも、快感よりも相手に合わせないといけないという罪悪感を生んでしまうかも。。。

ホルモン分泌の減少

「肌の曲がり角は25歳」このフレーズ、一度は耳にしたことがあるはず。これは、25歳を堺に性欲を刺激したり女性的な魅力を高める「エストロゲン」の分泌が少しずつ減っていくからです。このホルモンが少なくなると、セックスへの興味が薄れてしまうと言われています。

ほかに好きな人がいる

彼氏以外に好きな人できた場合、女性の気持ちはそちら側に大きく傾きます。そして、頭では分かっていても、無意識のうちに現在進行中の相手に触れられることを拒み、セックスも拒絶してしまうんです。女性の体と心は、イコールでつながっているということでしょうか。

自分に自信がない

貧乳、お腹のぜい肉、太い足、短足など、自分の容姿にコンプレックスを抱えている女性がほとんど。ただでさえ嫌なのに、好きな人の前でその姿をさらすのかと思うと怖気づいてしまうという、メンタル面も大きく関係しているんです。

過去の思い出

過去の失恋や嫌な思い出は、どんなに時が流れても頭の片隅に居続けます。それがトラウマとなり、目の前にいる彼の対応を辛い記憶と比べてしまいネガティブ思考に……。だから心も体もオープンにできない、という状況が続いて性欲が衰えてしまうみたい。

眠る性欲を呼び覚ませ

赤ワインを飲む

赤ワインに含まれるポリエノールには、性欲を高める「フェニルエチアミン(PEA)」という脳内ホルモンの分泌を促す働きがあるんです。「最近めっきりご無沙汰だ」と感じたときは、赤ワインを飲んでみてください。

特集

SPECIAL CONTENTS