ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

服など布製品についたガムの取り方

氷やコールドスプレーで冷やす

ガムが最もつきやすい箇所として、洋服が挙げられるのではないでしょうか? おすすめな方法としてまずご紹介したいのが、氷で冷やすやり方。ガムは低温になると固まる性質があり、粘着力が落ちてちょっとこするだけで簡単にはがすことができるのです。 ビニール袋に氷を数個入れ、ビニール袋越しにガムを10分程度押さえるだけでOK!コールドスプレーを代用してもいいですが、あまり近くから冷気を噴射すると布が傷む原因になります。 また、これらの方法はガムが付着してすぐのときに向いていますので、それ以外は次の方法を試しましょう。

油をつける

先ほどのやリ方ではガムが取れなかった場合、油を使ってみましょう。 ガムは油にとける性質を持っています。時間が経って繊維に深く入り込んでしまったガムを取り除くには、おすすめの方法と言えるでしょう。 使用するものは普段、料理で使っているサラダ油。付着したガムに少し使うとびっくりするくらい楽にとれるはず。 このとき気をつけて欲しいのは、手で取れるガムはなるべく取り除いてから行うこと。衣服に油シミをできるだけ残さないためにも、この方法を試したあとはすぐに衣類を洗浄するよう心がけてくださいね。

除光液をつける

除光液とは、ネイルについたマニキュアを落とすときに使うアイテムのこと。実はこれ、布製品についたガムを落とす上でも効果を発揮してくれるってご存知でしたか? 衣服についたガムに直接除光液を塗り、そのまま1分程度待てばきれいにはがせるはず。除光液はにおいがきつく、人によっては頭痛をもたらすこともあるので、換気をしっかりしながら行うことが大切です。気をつけてくださいね。

オレンジオイル洗剤をかける

オレンジオイル洗剤はガムを落とせることが知られているんです。換気扇やガスレンジの強力な汚れをとれるこの洗剤ですが、実際にガム除去のためにどのように使ったらいいのでしょうか? オレンジオイル洗剤を使う場合、霧吹き状の容器に入っている商品を選びましょう。これを2、3回洋服についたガムに吹きかけると、ガムが溶けていくのが分かるはず。いらなくなった歯ブラシなどでこすってみるとさらにきれいに落とせますので、チャレンジしてみてください。 ですが、オレンジオイルは直接肌に吹きかけてそのままにしておくと、肌荒れの原因につながるケースがあります。利用が終わったらそのままにせず、ちゃんと手を洗っておきましょうね。

アルコール(ウイスキー)をかける

ウイスキーを直接、ガムにたらすのではなく、当て布をした上で衣服の裏側からコットンに含ませたアルコールをとんとん、と叩くように付着させてください。次第に溶けたガムが当て布に移ってくるはずですよ。 時間経過してしまったガムを取るには最適の方法と言われてますが、長時間アルコールをつけこんだままにしておくと、生地の風合いを損なう原因になりかねません。ガムがとれたら洗濯してウイスキーをしっかり洗い流しておきましょうね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS