いつでもシュワシュワなのどごし!炭酸が抜けないテクニックを伝授

みなさんは、「炭酸が抜けなければいいのに」と思ったことはありますか?せっかくのおいしい炭酸飲料なのに、少し時間が経っただけで炭酸が抜けてしまったという経験はありますよね。今回は、そんなみなさんの悩みを解決すべく炭酸が抜けない方法をご紹介!

どうしたら炭酸は抜けないの?

シュワッとおいしい炭酸飲料。でも時間が経つと炭酸が抜けて、のどごしが悪くなってしまうのが悩みのタネですよね。どうしたら炭酸は抜けにくくなるのでしょうか?今回は炭酸が抜けない方法を詳しくご紹介します!炭酸が抜けてしまった飲みものを活用するテクニックもお伝えするので、チェックしてみてくださいね。

そもそも「炭酸」とは

炭酸ガスは二酸化炭素のことで、化学式はCO2。炭素や有機化合物(木や石油など)が燃えたり、発酵したりすることによって生成する炭素の酸化物です。大気中に0.04%程度含まれており、それ自体は無害な物質で、水H2Oに溶ける性質があります。

二酸化炭素が水に溶けると、一部の二酸化炭素分子は水の分子とくっついて、炭酸H2CO3になるので、炭酸を含んだ水という意味で「炭酸水」と呼ばれています。

どうして炭酸は抜けるの?

実際には、炭酸ガスが水と引っ付いて炭酸を生じる反応はなかなか進みません。生成した炭酸も炭酸ガスと水に分解してしまいます。なので、ほとんどが炭酸ガスのまま水に溶けており、すぐに大気中に抜けてしまいます。

炭酸飲料メーカーは、水を2~4℃に冷やし、圧力を加えて炭酸ガスを溶け込ませています。サイダーで内容量の4倍ほどの炭酸ガスを溶かしているとのこと。出荷される炭酸飲料は密閉されていますので、炭酸ガスが抜け出すことでペットボトル内部の圧力が上昇するため、ある程度以上は抜け出しません。

ところが、フタを開けると圧力の影響がなくなるので、大気中にどんどん放出されてしまいます。その放出される過程で形成されるのが泡(気泡)です。振動や衝撃を加えたり、温度が上昇した場合などは、炭酸ガスが外に勢いよく出ようとして、飲料水を巻き込んで、噴出することがあります。

炭酸を抜けないようにする方法

それでは、どうしたら炭酸が抜けないのかについてご紹介します。

空気が入らないようにする

ペットボトルのフタを開けるまでは、炭酸飲料が入っていない空間は小さいですが、フタを開けて飲んでいくうちに空間は大きくなっていきます。フタを開けた直後の空間は大気圧(大気の圧力のこと)なので、飲料の中からどんどん炭酸ガスが抜け出してしまうんです。

炭酸ガスによって空間の圧力が上ると徐々に落ち着いてきますが、ペットボトル内の空間はできるだけ小さいほうが有利です。そこで、半分以上飲み終えたらペットボトルの空間がなくなるようにペットボトルを圧縮してつぶします。できるだけペットボトルの空間が小さくなるようにしましょう。

フタを閉めて放置し、炭酸ガスの圧力でペットボトルが元に戻ってしまうようでは効果はありません。ペットボトルが元に戻らない程度につぶします。この方法は手荒ですが、ペットボトル内の空間を小さくできる方法なんです。

フタを強くしめる

炭酸飲料はペットボトルのフタを開けると、ペットボトル内部は大気圧(1気圧)になるので、飲料の中から炭酸ガスが一気に抜け出してきます。炭酸ガスそのものにより空間の圧力が上ると徐々に落ち着いてきますが、フタを閉めないと大気圧のままであるため、飲料の中の炭酸がなくなるまで抜け出し続けてしまうんです。

そのため、ペットボトルのフタをしっかりと閉めることが大切。最後までキュッとしめないと、フタのすきまから空気やガスが漏れてしまいます。

保存中に倒れないようにする

飲みかけのペットボトルを横に倒して置いておくと炭酸が抜けやすくなります。立てても横に寝かせても、飲料が満たされていないペットボトル内部の体積は同じです。

しかし、横に寝かせると、液体と空気が接する面(気/液界面))広くなるので、液の内部から炭酸が抜け出しやすくなります。飲みかけのペットボトルは倒さないように保存しましょう。

逆向きで入れる

飲み始めると、ペットボトルのフタはきっちりと閉めても、完全に密封にすることは不可能とのこと。炭酸飲料から炭酸ガスが抜け出してきて、ペットボトル内部の圧力が上ります。かならずペットボトル内部の圧力は外側の圧力(大気圧)より高くなるので、フタの隙間から少しずつ漏れてしまいます。

対策として、ペットボトルを逆さまして保存する方法があります。逆さまにすると、フタの部分は液体で満たされ、ペットボトルの底に気体が位置するようになるので、空気や炭酸ガスがペットボトルの外に漏れる可能性が低くなるんです。ただし、逆さま立てて保存するのは少し工夫が必要ですが、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

1.5Lのペットボトルは小分けてにして保存

ペットボトル内部の飲料が入っていない空間は体積が大きくなればなるほど、大量の炭酸ガスが抜け出さないと圧力は上昇しません。大容量のぺットボトルは飲んでいくうちにできる空間が大きいので、炭酸ガスが抜け出しやすくなります。

空間が大きくなったら、容量の小さいペットボトルに小分けするのがおすすめ。移しかえる際は、静かにソーッとすばやく移しかえてください。もちろん、小分けしたあとのペットボトルも、空間が小さくなるように調整して、フタはキチッと閉めることをお忘れなく。

炭酸キャップを使う手もあり!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう