100gあたりのカロリー

米粉パン……255kcal(※6) 食パン……260kcal(※7) ロールパン……316kcal(※8) なんと、粉の状態で比較すると高カロリーだった米粉ですが、パンになると小麦粉で作ったものよりも低カロリーであることが判明!これは、水分量が関係してきます。食パンやロールパンよりも米粉パンの水分量が多く、その分カロリーが低いと考えられますね。

100gあたりの糖質量

米粉パン……50.4g(※6) 食パン……44.3g(※7) ロールパン……46.6g(※8) 糖質量で比べると、米粉パンがもっとも多いですね。これは、米粉はもともとお米なので糖質が多く、小麦粉はたんぱく質が多いことが理由です。

米粉がダイエットにいい理由

パンにしたときのカロリーこそ低いものの、粉の状態で比較してみたり、糖質量で比べると、米粉がダイエットに効果的とされている理由がいまいち分かりませんよね。そこで、なぜ米粉がダイエットにいいか調べてみました。

油の吸収率が低い

実は米粉は、小麦粉に比べて油の吸収率が低いんです。具体的な数値で比べると、小麦粉が38%に対して米粉は21%。(※9)例えば揚げ物の衣を小麦粉にするよりも、米粉にしたほうが無駄に油を吸わず、ヘルシーに仕上がるんですよ。

良質なたんぱく質

たんぱく質は、「アミノ酸」という成分が合成されてできているのですが、アミノ酸にもさまざまな種類があり、食材によってどんなアミノ酸でたんぱく質が合成されているのかが異なります。 なかでも体内で生成できないアミノ酸は「必須アミノ酸」と呼ばれる重要な栄養素で、それらがどれくらいの割合で含まれているかを数値化した「アミノ酸スコア」というものがあります。 数値が高いほど我々にとって「良質」となるのですが、お米と小麦を比べると、お米65に対して小麦が41。(※9)小麦粉よりも米粉のほうが、良質なたんぱく質を含んでいると言えますね。

米粉のメリット&デメリット

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ