見た目はネギ!だけどネギより栄養満点「リーキ」のここがスゴい

「リーキ」ってご存じですか?日本ではまだあまりなじみがないので、聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。一見ネギに似た野菜のようですが、実はネギ以上に栄養満点でたくさんの効果があるのだとか。今回はそんなリーキについてご紹介いたします。

栄養満点の新野菜リーキってなに?

「リーキ」って聞いたことありますか?
名前だけ聞くと何なのか見当もつかず、何かの工具の名前?それとも新しい洋服のブランドかなにか?と思ってしまう方もいらっしゃるかもいるかもしれませんが、実は野菜の一種なのです。

一番似ている野菜は「白ネギ」。もっというと「下仁田ネギ」によく似ています。

日本ではまだあまりなじみのないリーキではありますが、実は栄養満点で、マリネやグラタンなどにするととってもおいしい野菜なんです。

そんな新しい野菜「リーキ」について、その効能やおいしく食べられるレシピをご紹介いたします!

リーキの特徴

リーキとは、地中海沿岸原産の野菜の一つで、リーク、西洋ネギ、ニラネギ、西洋ニラネギとも呼ばれています。
またフランス語名ではポワロー、イタリア語名ではポッロと呼ばれることから、「ポロねぎ」という名前をご存じの方もいるかもしれませんね。

リーキは主に冬によく流通する野菜で、ねっとりとした食感と上品な風味を活かしてポタージュにしたり、ジャガイモとの相性が良いため香味野菜としても利用されています。

日本での生産量は非常に少なく、静岡県や長野県などで少量作られている程度なので近所のスーパーで見かけることはあまりないようです。リーキのほとんどはベルギーやオランダなどのヨーロッパ産、もしくはオーストラリアやニュージーランドのオセアニア産などの輸入品のようです。

以前は、1本1000円ほどと高値だったリーキですが、最近では1本数百円で売られるようにもなってきました。それでも他の野菜に比べるとまだ高いですが・・・。百貨店や輸入品を多く取り扱っているスーパーなどでは見つけられるかもしれませんので、その際はぜひ手にとってみてくださいね。

ネギとの違いは?

リーキは普段私達が目にするネギと同じように、円筒形で細長く、白い部分と葉の緑の部分に分かれています。

違いは、太さがネギの2倍ほどあって重いのと、葉の部分が特徴的なV字型で硬く平らにつぶれているところです。

味と香りは一般的なネギよりまろやかで、さっと茹でるとトロリとしてやわらかいのに煮崩れせず、自然な甘みがあります。また、ネギ特有の刺激臭が少ないため、ネギが苦手な人でもリーキなら食べられるかもしれません。

リーキの効果効能

あまり食べたことがないリーキですが、実は私達の体に様々な良い効果をもたらしてくれるのです。そんなリーキの効果効能についてご紹介いたします。

ダイエット効果

リーキには血液をきれいにする作用が期待できるため、新陳代謝を良くし、太りにくい体作りの手助けをしてくれる働きがあります。

また、体を温めてくれる効果もあるため、冷え性の予防と改善も期待できるのだそうです。

体力向上

リーキは体力向上にも効果があるとされています。疲労回復、滋養強壮に不可欠なビタミンB1と結合し、その効果を長く持続させてくれるので、疲れにくい身体になるのだとか。

また血流を良くし身体を温めてくれるため、風邪を予防してくれる効果もあるようです。

リーキの栄養素

なぜリーキにはこのようなたくさんの効果効能があるのでしょうか。
それは、リーキに含まれる栄養素に秘密があるのです。

アリシン

リーキに含まれるアリシンという物質をご存じですか?

アリシンとは特別な栄養素であるイオウ化合物の一種で、ニンニクやタマネギにも含まれている強烈な匂いを放つ成分です。

糖質の代謝を促進する効果があるので、新陳代謝を良くしてくれます。

さらに、強力な殺菌力があるため食中毒を防いだり、私達をさまざまな病原菌から守ってくれるのだそうですよ。

ビタミン類

リーキには、糖質の代謝を助けたり疲労回復に役立つビタミンB1や、細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の成長に役立つビタミンB2が多く含まれています。

また、抗酸化ビタミンであるビタミンC、ビタミンEも含んでいますので活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれる効果もあるとされています。

葉酸

特集

SPECIAL CONTENTS