ビタミンB6

リーキにはビタミンB群の一種である「ビタミンB6」が豊富。100g当たりの含有量は、0.24mgです。

ビタミンB6には、補酵素としてアミノ酸の代謝や、脂質の代謝をサポートする作用があります。また、免疫力を維持するのにも役立ちます。(※2,3)

ビタミンK

リーキ100gあたりには、「ビタミンK」が9μg含まれています。ビタミンKの作用は、出血の際に血が止まるようにはたらく「血液凝固因子」をサポートすること。傷ができたとき、時間が経てば血が止まるのは、ビタミンKのおかげというわけです。

また、骨にカルシウムを沈着させて骨の形成を促すため、骨の健康維持にも役立ちます。(※3,4)

ビタミンC

柑橘類に豊富なイメージがある「ビタミンC」も、実はリーキに含まれている栄養素のひとつ。リーキ100gあたりの含有量は、11mgです。ビタミンCは「抗酸化ビタミン」と呼ばれており、老化の原因となる「活性酸素」のはたらきを抑える作用があります。

また、ビタミンCはコラーゲンを生成するために、必要不可欠な成分です。皮膚のメラニン生成を抑えるため、日焼け対策にも役立ちますよ。(※3,5,6)

葉酸

リーキには、赤血球の形成やDNAの合成に関わる「葉酸」が豊富です。リーキ100gあたりに、葉酸が76μg含まれていますよ。

葉酸は胎児の成長に関わる栄養素のため、とくに妊娠を望む女性の方や、妊娠中の方は積極的に摂る必要があります。リーキをはじめとした葉酸が豊富な食材を取り入れましょう。(※3,7)

リーキの効果効能

貧血対策

貧血対策には、赤血球中にあるヘモグロビンの材料となる「鉄」を摂ることが大切ですが、鉄さえ摂っていればよいというわけではありません。赤血球の形成には「葉酸」や「ビタミンB12」が必要です。

前述した通り、リーキは葉酸が豊富な食材のひとつです。さらに、リーキ100gあたりには鉄が0.7mg含まれており、貧血対策に役立つ野菜だといえます。(※3,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ