完熟前の「青パパイヤ」は栄養の宝庫だった!食べ方とおすすめレシピ

美容効果が高く、ダイエットもサポートしてくれる青パパイヤを食べたことがありますか? 完熟する前の青パパイヤは栄養が豊富で、女性にとって嬉しい食べ物なんです!青パパイヤの効能や調理法、おすすめレシピをご紹介します。

2019年6月19日 更新

主な調理法

青パパイヤは生でも食べることができるので、サラダや和え物にして食べるのがおすすめ。タイで食べられる青パパイヤのサラダ「ソムタム」が代表的です。

また、加熱すると食感が変わります。シャキッとした食感を残すために軽めに炒めたり、ほっくりとした食感にするために煮込んだり。調理法の豊富さも魅力のひとつですね。

食べごろ・新鮮な青パパイヤの見分け方

熟す前に食べるため、皮の色が鮮やかな緑色のものを選びましょう。また、持ったときになるべく重みがあると、中身がしっかり詰まっている証拠です。

下ごしらえの方法

調理する前にはアク抜きをしましょう。まず青パパイヤをやさしく水で洗ったら半分にカットします。種がある場合には、スプーンで取り除きましょう。包丁、またはピーラーを使って皮を剥き、使いやすい大きさに切ったら、水につけてアクを抜きます。

青パパイヤを使ったレシピ5選

1. ソムタム(青パパイヤのサラダ)

タイの代表的な料理のひとつ、ソムタム。材料をすりこぎなどでトントンと叩きながら作ります。レモン汁(またはライム汁)たっぷりで酸味を強くしたり、唐辛子を増やして辛みを強くしたりと、お好みの味を見つけるのも楽しいですよ。

2. 青パパイヤのナンプラーとピーナッツバター和え

青パパイヤ、にんじん、玉ねぎを薄くスライスし、ナンプラーやライム果汁、ピーナッツバターなどで調味して作る前菜です。ナンプラーをきかせれば、南国ムードを感じさせるおかずになりますね。エスニック料理の定番のひと品を、食卓ににいかがでしょうか。

3. 青パパイヤと魚肉ソーセージの炒め物

こちらは、青パパイヤともやし、魚肉ソーセージを使った炒め物です。だしの素、塩こしょうで味付けするため、材料は身近な食材ばかり。青パパイヤの料理に挑戦してみよう!という初心者の方でも、すぐに真似できますよ。
3 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう