緑がきれいな「うぐいす豆」の正体とは?大人から子供まで愛される甘いお豆

きれいな緑のお豆「うぐいす豆」。「うぐいす豆」という名前のお豆があるのかと思いきや、実は見慣れた“あのお豆”を甘く煮たものなんですよ。今回は、うぐいす豆の特徴や作り方、アレンジレシピなどをご紹介します。

2018年9月21日 更新

うぐいす豆とは?

みなさんは「うぐいす豆」ってご存知ですか?
うぐいす豆は、緑色のお豆で、スーパーの水にコーナーなどでよく販売されているので、見たことがある、という方も多いのではないでしょうか?

「うぐいす豆」という名前のお豆があるのかと思いきや、実はその正体は、みんな知ってる“あのお豆”を煮込んだものなんです。

今回は、うぐいす豆の正体や特徴、作り方までご紹介します。アレンジレシピもご紹介するので、ぜひご自宅でチャレンジしてみてくださいね。

グリーンピースを甘く煮たもの

うぐいす豆とは、簡単に言うと青えんどう豆を甘く味付けしたもの。早い時期に摘んだものを「さやえんどう」、完熟前に摘んだものを「グリンピース」、完熟後に乾燥させたものを「青えんどう豆」と呼びます。つまり、原料をグリンピースと同じ豆ですが、さらに熟して乾燥させたものを使用しているということです。

うぐいす豆の特徴

うぐいす豆はその名のとおり、うぐいす色をしています。お砂糖を使って煮込むため、甘くてほっこりした食感が特徴です。えんどう豆の風味も感じられ、上品な味わいです。そのまま食べてもおいしいですが、パン生地に混ぜ込んでうぐいす豆パンにしたり、牛乳と合わせてスープにしたりすることもできます。甘いので、プレーンヨーグルトと合わせて食べるのもいいかもしれません。

基本のうぐいす豆の作り方

1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう