1秒にひとつ売れる⁉︎「たまごパン」はティンカーベルの人気商品

長野県のパン屋さん『ティンカーベル』で販売されているたまごパンは、なんと1秒にひとつという驚異の売れ行きを見せているんです!その魅力は、素朴で上質な味わいとふわふわもちもちの食感。おいしさの秘密と購入方法についてご紹介しますよ。

2017年9月20日 更新

ティンカーベルの「たまごパン」

長野県安曇野市にあるパン屋さん「ティンカーベル」が販売する「たまごパン」。一度食べるとやみつきになる!というファンの方も多く、1日あたり86,416個売れていると話題のパンです。ほぼ1秒にひとつ、売れている計算ですね。この驚異の売れ行きを誇る「「たまごパン」の人気のひみつを探ってみました。

「たまごパン」の魅力とは?

「たまごパン」人気のひみつは?

「たまごパン」がこんなに人気がある理由のひとつは、こだわりのたまごをたっぷりと使っているということ。やわらかくもっちりとした生地、ふんわりとした食感、そして甘みのあるやさしい味わいは、すべてたまごを絶妙のバランスで配合したことにより生まれます。どこか懐かしい素朴な味わいが、毎日食べても飽きない!というファンを多く集めています。朝ごはんにもぴったりなんですよ。

たまごと小麦粉の黄金比

たまごと小麦粉の配合バランスは、パンの風味に大きな影響を与えます。「ティンカーベル」では研究を重ね、小麦粉と卵の完璧なバランスを商品作りに反映しました。卵焼きでもなく、カステラとも違う、「たまごパン」オリジナルのしっとり感やふんわり感、そしてもっちりとした独特の食感は、ほかのパンでは味わえません。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

hichiron10121

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう