吾妻蕨(あずまわらび)

宇治抹茶と黒糖シロップがたっぷりかかった人気商品「吾妻氷」に、本わらび餅をのせた贅沢なかき氷がこちらの「吾妻蕨(あずまわらび)」。ひんやりとした和の味わいをこれでもかと味わえるひと品です。わらび餅は別添えでついてくる京きなこをつけてどうぞ。

クリームブリュレとかき氷のコラボ

極み抹茶ブリュレ

2016年夏の新作和スイーツがこちらの「極み抹茶ブリュレ」。一見、温かそうに見えますが、中身はなんとかき氷。上にクリームを塗って、キャラメリゼしているのだそうですよ。別添えのクリームをのせて召し上がれ。ただし1日限定10食なのでご来店はお早めに!

いちごみるくブリュレ

先ほどご紹介した極み抹茶ブリュレには別のフレーバーも存在します。それがこちらの「いちごみるくブリュレ」。スプーンを入れると濃厚なカスタードクリームと冷凍いちごがお出迎え。別添えで季節のフルーツと抹茶生チョコもついてきます。こちらも1日限定10食なので、確実に食べたい場合はお早めにご来店くださいね。

豪華な和風パフェも見逃せない!

吾妻パフェ

和スイーツといえば和風パフェも見逃せませんよね。こちらのお店のパフェはこだわり素材をふんだんに使用した自慢のひと品。抹茶の本わらび餅やエスプーマクリーム、北海道産大納言など、いろいろ味や食感が味わえる贅沢なパフェです。お好みで沖縄産黒みつをかければ、また別の味わいが楽しめますよ。

ほっこり芋娘(ぽてこ)の宇治抹茶パフェ

名前もかわいいこちらのパフェは、ほっこりとしたお芋と自家製小豆のやさしい甘さが魅力。こちらの小豆はお店で丹精込めて手作りしたものを使用しているそうです。創業100年の歴史を感じる深い味わいをぜひ味わってみてはいかがでしょうか?

吾妻茶寮で極上の和スイーツを

創業100年以上という深い歴史がありながら、常に新しいおいしさを追求し続けている「吾妻茶寮」。伝統と現代の技を融合させ進化し続ける味こそが、年代を問わず愛されている秘密だったのでしょう。インパクトがありながら、けして手を抜かない丁寧さは、一度食べたら忘れられない味を教えてくれます。 名古屋観光の際は、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?新しくも丁寧な味わいが、きっとあなたを癒してくれるはずですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ