香り成分:リラックス効果

食用菊の香り成分には、神経を鎮めてリラックスさせる作用があります。菊の花びらをお茶にして飲めば、ゆったりとした気分になりますよ。(※3)

食用菊の食べ方

菊は大きく分けて、花びらの部分とガク(根元)の部分に分けられます。食べるべきは、もちろん花びら。ガクは固く苦味が強いので、花びらをちぎって使用するようにしましょう。

刺身に添えられている菊は、花びらを醤油に散らし、刺身につけていただくのがおすすめ。汁物にトッピングしたり、和え物に加えたりすると、料理の彩りがよくなりますよ。ガクごとカップに入れて熱湯を注げば、菊花茶(きっかちゃ)として楽しめます。

食用菊を使ったおすすめレシピ3選

1. 菊とえのきのおひたし

食用菊のポピュラーな食べ方のひとつが、おひたしです。菊だけで作るのもアリですが、えのきや豆苗と合わせて彩りよく仕上げましょう。副菜として小鉢に入れれば、食卓がパッと華やぎますよ。

2. 菊入り炊き込みおこわ

食用菊を混ぜ込む、彩り豊かなおこわのレシピです。こんにゃくやにんじん、鶏肉などの食材は一緒に炊き込みますが、菊とミツバは炊き上がってから混ぜるのがポイント。色味が鮮やかに出ますよ。

3. 菊の天ぷら

まるごとの菊に衣をつけて、天ぷらにするレシピです。材料は、食用菊とマヨネーズ、薄力粉。揚げている途中で上下逆にすることで、ふんわり広がった華やかな見た目に仕上がります。軽い食感で食べやすいですよ。

食用菊を積極的に食べてみて♪

色鮮やかな食用菊。料理を彩るだけでなく、さまざまなビタミンが含まれているため、老化や疲れ目の対策になる食材です。

食用菊をただの飾りとして使い、捨ててしまうのはのはもったいないですよ。これからは食用菊を使った料理で、食卓を彩ってみてはいかがですか?
【参考文献】
(2020/06/01参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ