格付け発表!2016年機内食がおいしい航空会社ランキングベスト10

「航空業界のオスカー賞」といわれる『ワールド・エアライン・アワード2016』がイギリスのコンサルティング・格付け会社スカイトラックス社より発表されました。今回は世界トップ10に選ばれたエアラインの機内食についてランキング形式でご紹介します。

また「一風堂」とコラボレーションした「空の上のトンコツ『そらとん』」も軽食として用意されています。飛行機の中で「一風堂」のラーメンが食べられるなんて、日本の航空会社ならではですね。

4位 キャセイパシフィック航空

香港を本拠地に展開されるキャセイバシフィックは、今までに「世界で最も良い航空会社」として4回も受賞経験がある実績のある航空会社です。海外の経済紙などでも評価が高く、キャセイパシフィックもまた、世界最高評価『5スター』を獲得している航空会社です。

機内食

香港の航空会社なので中華は絶品です。フライドヌードルに野菜の餡がかかりとてもおいしそう。朝食にはお粥も提供されますが、それもとてもおいしかったです。
もちろん洋食の用意もあり、チキンソテー・トマトソースに、ころんとしたニョッキがとてもおいしそう。

ファーストクラス

まるでホテルの朝食のようなこちらの食事は、キャセイパシフィックのファーストクラスの機内食です。足をゆったり伸ばしながら、窓から外の景色を眺めいただくシチュエーションは、よりいっそう食事を楽しませてくれそうです。

3位 シンガポール航空

シンガポールを本拠地とし、世界的に認められた高レベルのサービスを提供するシンガポール航空。

世界最高評価『5スター』を獲得している航空会社で機内では民族衣装を身にまとった客室乗務員がサービスをしてくれるので、機内からシンガポール気分が味わえます。

機内食

シンガポールの航空会社ですが、日本食がとてもおいしいと評判です。こちらのメインはチキンのクリームソースと煮物、付け合わせのお蕎麦、だし巻き、ひじきなど、見た目もとても鮮やかで食欲をそそります。
こちらも和食です。和食をオーダーしてハッシュドビーフとごはんと煮物が出てくるのも外資系エアラインでしかなかなか味わえません。シンガポール航空の日本食はお米もとてもやわらかくおいしいです。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS