格付け発表!2016年機内食がおいしい航空会社ランキングベスト10

「航空業界のオスカー賞」といわれる『ワールド・エアライン・アワード2016』がイギリスのコンサルティング・格付け会社スカイトラックス社より発表されました。今回は世界トップ10に選ばれたエアラインの機内食についてランキング形式でご紹介します。

朝食もシェフにお好みを伝えるカスタムメイド。ポーチドエッグがふたつに、ほうれん草、スモークサーモン、カリカリのビーフベーコン、オランデーズソースがかかっています。

世界で一番のファーストクラス、いつか体験してみたいですね。

5位 全日本空輸

国内線のイメージが強いですが、近年では国際線路線の拡大に力を入れています。日本の航空会社で唯一、世界最高評価『5スター』を獲得している航空会社でもあります。

日本の航空会社なので、機内誌などもすべて日本語で書かれていて、何か分からないことがあっても客室乗務員と日本語でコミュニケーションがとれるため、安心して旅行ができます。

機内食

ANAでは毎年「機内食総選挙」が行われ、上位にランクインした食事をリニューアルして日本発の機内食として提供するなど、旅客の意見を機内食に大きく反映させているところがポイントです。

日本人の口にあった味付けの食事は、旅行帰りに日本食が恋しくなった時には身にしみるおいしさですよね。
こちらはコロッケがのったカレーライスです。海外のスパイス抜群の料理に疲れた胃にも優しいまろやかな口当たりで、安心感が得られそうです。付け合わせの蕎麦に、ワサビと海苔など薬味が付いている細やかさが日本らしいひと品。
こちらは唐揚げと煮物のお弁当に、ハム、マカロニサラダ、茶蕎麦が用意されています。ANAでは日本だけでなく、外地発の便においても、すべての機内食に日本食と洋食の2種類が用意されているため、日本食が好きな方には心強いです。

ビジネスクラスのお食事

ANAのビジネスクラスでは、世界中で活躍するシェフとANAのシェフが共同プロデュースした食事が提供されます。先付けや、前菜、煮物などなんとも彩りが綺麗な和食です。
また「一風堂」とコラボレーションした「空の上のトンコツ『そらとん』」も軽食として用意されています。飛行機の中で「一風堂」のラーメンが食べられるなんて、日本の航空会社ならではですね。

4位 キャセイパシフィック航空

香港を本拠地に展開されるキャセイバシフィックは、今までに「世界で最も良い航空会社」として4回も受賞経験がある実績のある航空会社です。海外の経済紙などでも評価が高く、キャセイパシフィックもまた、世界最高評価『5スター』を獲得している航空会社です。

機内食

香港の航空会社なので中華は絶品です。フライドヌードルに野菜の餡がかかりとてもおいしそう。朝食にはお粥も提供されますが、それもとてもおいしかったです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Anrino

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう