銀だこに裏メニュー発見!「揚げないたこ焼き」は、本場大阪のふんわり食感

銀だこに裏メニューがあるって、知ってましたか?それはなんと……「揚げないたこ焼き」なのだそう。銀だこの特徴である、あのカリッとした食感とはまた違った味わいを楽しめると、ひそかなブームになっているんですよ。今回は、その実態をお伝えします!

2017年3月27日 更新

「銀だこ」のおいしさのヒミツ

「銀だこ」のタコは、バイヤーが世界中のたこの中から選び出したものを、職人がていねいに塩もみし、手切りしています。ネギは、たこ焼に最適な甘辛バランスのものだけを厳選したもの。天かすは、秘伝のだし入りの銀だこオリジナルです。

わき役として重要な役割をはたす、えび粉やカツオだし青のり、削り節にも妥協していません。いずれも色や香りにこだわった、選りすぐりの素材を使用しています。

こうした素材へのこだわりが、長く人気店であり続けるための秘訣なんですね。季節ごとに発売される新作も、忘れてはならないお楽しみ。夏はさっぱり食べられる、大根おろしの季節です。今年は南高梅を使った紀州梅じそおろしに、さわやかな瀬戸内塩レモンおろしが登場しているんですよ。

裏メニュー「揚げないたこ焼き」とは?

外はカリッと中はトロトロとした、いつもの銀だこ特有のおいしさは、仕上げに多めの油で揚げ焼きにすることで実現しています。揚げ焼きしているのにくどくならない理由は、コレステロールゼロのコーン油を100%使用しているからだそう。

そんなカリッとした食感が特徴である「銀だこ」のたこ焼きは、本場大阪のたこ焼きとは少し違うようなのです。とはいえ、素材のよさや、粉と水の絶妙な配合は、本場に引けをとりません。オーダーの仕方次第では、本場スタイルのたこ焼きにもなるんです。それが、今回ご紹介する裏メニュー「揚げないたこ焼き」。

注文の仕方はというと、「揚げないたこ焼き、お願いします」とオーダーすればOK。本場の焼き加減で、しかも作りたてのたこ焼きを味わうことができますよ。全メニューで対応可能です。

いったいどんな味なんでしょうか?気になりますね。

気になる「揚げないたこ焼き」の味は?

「揚げないたこ焼き」は、ふんわりとやわらかい口当たりで、どこか懐かしい印象をあたえてくれるそう。揚げていない分、形はしんなりとした感じに仕上がっています。ふわふわ食感のたこ焼きは関西風で、本場大阪の方も満足できる逸品なのだとか。普段の「銀だこ」とは違う、たこ焼きにハマる人が続出しているんですよ!

銀だこにはオペレーションとして、裏メニューの「揚げないたこ焼き」を発売していますが、店舗によっては対応できないようです。ちなみに、渋谷東口店では対応可能です。お近くのお店が「揚げないたこ焼き」を作ってくれるかどうかは、実際に店舗で聞いてみてください。

さらに「揚げないたこ焼き」は、注文してからできあがるまで20分ほど時間がかかります。少し待って、できたてを味わえるのはうれしいですよね。

知っておきたい!トッピングメニュー

青のり増量

青のりは全品、無料で増量できます。銀だこの青のりは、のり本来の鮮やかな緑色をしていて、たこ焼きになじみやすい、細かくてやわらかいものを厳選したもの。主張しすぎない香りも、たこ焼きによく合います。

青のり好きな方はぜひ試してみてください。歯に付くのが気になる場合は、抜きにしてもらうこともできますよ。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう