サービングキャセロール

すき焼きやパエリア、お肉のソテーなどに使いやすい浅型モデル。サイズは2タイプで、20cmは1〜2人を目安とした少人数用。カラーはピンクとグレーです。24cmは3〜4人用で、カラーはピンクとピスタチオが用意されています。

ITEM

CHASSEUR サービングキャセロール24cm ピンク CH39241 PK

¥22,528 ※2020年03月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

ローキャセロール

サービングキャセロールより少し深めのモデル。底が広くて入れた食材を見やすいので、土鍋のような感覚で使えます。 サイズは20cm(2〜3人用)と24cm(4〜5人用)の2タイプで、それぞれピンクとトーブ、新色のマロングラッセの3カラーです。

ITEM

CHASSEUR ラウンドキャセロール24cm ピンク CH37224 PK

¥28,050 ※2020年03月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

シャスールでつくる簡単レシピ

シャスールがあれば、ふつうの鍋では手間のかかる料理も簡単に調理できます。たとえばこんなアイディアレシピも短時間でできますよ。

シャスールで甘口ハヤシ

ホーロー鍋にサラダ油、食べ大きさにカットした牛肉を入れ、短冊切りにしたにんじん、薄切りのたまねぎと一緒に炒めます。水を加え、沸騰したらあくを取り、ふたをして弱火でじっくり煮込んでください。具がやわらかくなったら火を止めて、焼肉のタレを加えて軽く混ぜ、とろみがつくまで再度煮込んだらできあがり。 短い時間でも驚くほど牛肉がやわらかくなって、野菜の甘さも十二分に感じられるはず。

簡単!極旨豚角煮

驚くくらい短時間でできてその上おいしいトロトロの豚角煮です。 まずはたまごを茹でておき、豚バラのブロックを半分に。にんにくはスライスしておきます。豚肉をサッと下茹でし、水気を取ってから軽く焼いて焼き目をつけましょう。水・酒・みりん・しょう油、砂糖を鍋に入れ、たまごも加えてふたをし、30分くらい煮ます。その後、肉を食べやすい大きさにカットして、再度お鍋に。20分ほど煮たら火を止め、味がしみるよう15分ほど放置したら完成です。

ホーロー鍋でお手軽ローストビーフ

まずは牛肩ロースを用意して常温に戻し、表面に塩コショウしておきます。次に鍋に油をしき、ニンニクと一緒に強火でお肉の表面を焼いてしっかりと焼き目を入れます。ニンニクは先に焦げるので、途中で取り出しておくこと。 肉に焼き目がついたら中弱火に火力をおとし、赤ワインと香味野菜を鍋に投入。先のニンニクもこのとき一緒に入れましょう。ときどき裏返しながら、15分程度お肉を浸し焼きしてください。 お肉を取りだし、ラップの上にアルミホイルを3重にしいた上に置き、手早く密封。人肌程度に温かい場所、たとえばオーブンやレンジの上などに置き、中の肉汁が落ち着くのを待ちましょう。 鍋にしょう油とバルサミコ酢、塩コショウ、フォンドボーを加えてソースづくり。香味野菜のくずを濾して、とろみがほしいならコーンスターチをひとさじ入れて様子を見ながら加えてください。最後にお肉を切り分けたら、ソースをかけてできあがり。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ