連載

ブーケのような可憐さ!食感と甘さがクセになる「カリフローレ」とは?

まるでカスミソウのような白い花を付けるカリフローレ。ブーケに見立てて販売される、とっても愛らしい野菜です。コリッとした食感とほんのり広がる甘さは、一度食べればクセになるはず。おすすめの食べ方や日持ちする保存方法などまとめてご紹介します!

カスミソウに似た野菜、カリフローレ

カリフローレとはカリフラワーの一種で、埼玉県にあるトキタ種苗が開発した日本生まれの野菜です。

カリフラワーとの違いは、ひとつの太い茎に花蕾がいくつもできるのではなく、茎にひとつひとつの軸(花梗)が成長して花蕾ができる野菜です。よって花の下の軸が細長いのが特徴です。

また細長い茎の部分を活かしてスティック形状にカットされるカリフローレは、別名スティックカリフラワーとも呼ばれています。

黄緑色の軸、白色の花、その姿・形はまるでカスミソウのようです。その見た目を活かし、ブーケのようにして束ねて販売されるとてもかわいらしい野菜です。

生産地と旬の時期

トキタ種苗が2012年頃から種の販売を開始して、今では北海道から沖縄まで栽培・生産されています。

春作(1〜3月まき)、夏作(高冷地4〜6月まき)、秋作(7〜8月まき)があり、種を植えてから2ヶ月から3ヶ月弱で収穫・出荷されます。よって、主に一年中食べることができる野菜です。ただし、取り扱っているスーパーは限られているため、貴重な野菜といえるでしょう。

コリッとした食感とほんのりした甘さが魅力

カリフローレはそのまま食べてもクセがなく、生の状態で食べることができます。コリっとした食感で口の中でほんのり甘さが広がります。房の部分を口に含み、ひとくちふたくち噛み始めると一気にホロホロとほどけていく歯ざわりを楽しむことができます。

おすすめの食べ方

まずは、生で食べてみることをおすすめします。素材本来の味わい、食感を感じてみてください。また、1分ほど熱湯でさっと茹でる、または蒸すことでより甘さが引き立ちます。さらに家庭で愛用する出汁などに漬け込めば、出汁の旨味と野菜の甘さの相乗効果でさらにおいしさがアップすると思います。

レシピとしては、バーニャカウダや適当な大きさに切って、ほかの野菜と一緒に合わせてサラダにして食べるのが良いでしょう。炒める場合は、短時間で火を通せばコリっとした食感を味わうことができます。また、酢漬けにしてピクルスにしたり、天ぷらにしても良さそうです。

なによりクセがない野菜なので、色々な味付けに合いますよ。ぜひ食感を活かした調理法で楽しんでください。

今ではさまざまなジャンルのシェフが、カスミソウのような見た目からインスピレーションを受け、お店で提供する野菜のひとつに取り入れているようです。

おいしいカリフローレの選び方、保存方法

鮮度の見分け方

軸は太すぎず、鮮やかな緑色をしたものを選んでください。花房は茶色くなっていないものを選びましょう。

保存方法

1. 冷蔵庫の野菜室
ビニール袋やラップにくるみ、冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう。またその際、花が潰れないよう上に立てた状態で保存すると、日持ちします。

2. 冷凍庫
冷凍保存も可能です。その際、下処理をしておくとそのまま調理に使えて便利です。固めに茹でて水気を十分に切ってから保存バッグに入れます。平らにならしてから冷凍庫へ入れましょう。

終わりに

今回の購入場所は、恵比寿ガーデンプレイス内の三越本館。地下2階にある食品売場内の野菜コーナーで見つけました。小分けにされた茎が5本ほど入って、お値段は300円(税抜き)、生産地は東京都。見た目が花束のようになるよう、袋の下を束ねてテープで止められていましたよ。
※値段は、時期や収穫量、生産地により変動する可能性があります。
ブーケのようにかわいらしく販売されているカリフローレ。生でもとってもおいしく、手軽に調理に取り入れることができる野菜。心地よい食感と甘さにきっとはまってしまうと思います。アクもないので面倒な下処理も必要ありませんよ。ぜひ、見かけたら手にとって調理してみてはいかがでしょうか。

特集

SPECIAL CONTENTS