春日の絶品ケーキ屋さん「アヴランシュゲネー」のふんわり濃厚モンドルは必食!

東京・春日駅からすぐのところにあるアヴランシュゲネーは、地元で人気があるのはもちろん、スイーツ好きからも注目されているお店です。有名シェフ上霜考二氏がオープンしたお店ということもあり、おいしいケーキで今も少しずつファンを増やしているのです。

ここだけ外国のような雰囲気

「アヴランシュゲネー(Avranches Guesnay)」は真っ赤な外観がとても印象的!まるでここだけ外国の街角に迷い込んでしまったかのようです。
このとっても特徴的な外観は、シェフの修業先がフランス北部のアブランシュだったということもあり、ノルマンディー風にしよう!ということで、決められたのだそう。
鮮やかな外観とは異なり、店内は木の色を基調とした落ち着いた雰囲気。ショーケースと売り場のみのシンプルな造りとなっています。

フランス由来のケーキを召し上がれ

アンベリール

タルト生地の上にイチゴムース・ベリージュレがのっています。イチゴムースは甘く、ベリージュレはやや酸味が強いです。このふたつが合わさると最高に相性が良いんです!まさに抜群のバランスを保っていると言えます。

サバラン チョコレート

生チョコたっぷりのサバランになります。かなりしっかりした生地でふわふわのメレンゲとは対照的。その違いも楽しむことができます。ラム酒の風味は少なくチョコレートの主張がやや強め。チョコ好きにはたまりません。

フレザリア

やはりイチゴのショートケーキは王道!こちらのケーキを頼まないと始まらない、という方もいるのではないでしょうか?ふんわりしたスポンジはシロップがたっぷりかかっています。生クリームはあっさりとしていながらもコクがあり、とてもおいしいですよ。

フィナンシェ

こちらのお店は焼き菓子も絶品。周りはさくさくと香ばしく、アーモンドとバターの香りが全面的に広がります。きめ細かくすっと溶けるような口どけです。

ガトーゴルゴンゾーラ

ホールケーキも販売しています。こちらはブルーチーズがとても濃厚な香りを放っている逸品。甘さは控えめで、スイーツというよりはワインのおつまみなどに近い味わい。大人好みのスイーツに仕上がっています。

シェフの思い出がつまった「モンドル」

こちらが一番の人気商品、レアチーズケーキの「モンドル」。モンドルとは、日本語では「ドル山」という山の名前なんです。修業先であったフランスの「ドル山」が印象に残っていたことから、このケーキが作られたんだそう。たしかに丸くてこんもりとした見た目は、小さな山のようではありませんか?

実は、ノルマンディーで修業をしていたシェフの特徴が最も現れているのが、この「モンドル」。ノルマンディーの名物であるカマンベースチーズと、カルヴァドス(りんごの蒸留酒)を使い、相性よく仕上げています。

メインとなるチーズの風味は濃厚ですが、ふんわりとした口当たりのため食べづらさはありません。土台のアーモンド生地に染み込ませたカルヴァドスが、よいアクセントになっています。トッピングとしてのせられた生クリームがそのふたつをやさしく包み込み、絶妙なバランスを実現してくれているんです。まさにシェフの修業時代の思い出が詰まったケーキと言えるでしょう。

シェフはどんな方?

上霜シェフは前述のように、お菓子作りの本場であるフランスのアヴランシュにあるパティスリーで修行を積んだ方。
「オテル・ド・ミクニ」で腕を磨き、「ジャン・ミエ・ジャポン」でシェフパティシエも務めた実力派のシェフなんです。

特集

SPECIAL CONTENTS