ローディング中

Loading...

「三色食品群(3色食品群)」ってご存知ですか?栄養バランスの良い食事と言われても、具体的にどのような食事をしていいのかわからない方も多いですよね。そんな方必見!毎日の食事に三色食品群を応用して、手軽に栄養バランス美人になりましょう!

栄養バランスのよい食事とは?

栄養バランスのよい食事とは、エネルギー量が適切で、必要な栄養素も過不足なく摂取することができる食事のことを言います。

食べ物には炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養素が含まれています。その栄養素が体の中でそれぞれの働きをすることで、私たちは生活を送ることができます。その働きは、栄養素が単独で役割を果たしているのではなく、それぞれがサポートし合うことで体に必要な役割を果たしています

例えば、炭水化物だけ摂っていてもビタミンがなければ、うまく代謝をしてエネルギーとして使うことはできませんし、逆にビタミンだけとっていてもエネルギーのもとになる炭水化物がなければ元気よく生活することはできません。

よって、私たちは栄養バランスよく食べ物を摂る必要があるのです。

「三色食品群」で栄養バランスを整えよう!

みなさんは「三色食品群(3色食品群)」という言葉を聞いたことがありますか?
「三色食品群」ではピンと来なかった方も、「赤色の食べ物、黄色の食べ物、緑色の食べ物」というとなんとなく思い出して頂けた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「3色食品群」とは、学校給食でも用いられている栄養バランスを学ぶツールです。食べ物を食べ物自体の色ではなく、体での主な働きで3つに分けています。

1つ目は、「赤色の食べ物」で血や筋肉をつくるもとになる、主にたんぱく質やミネラルが豊富ななかまです。
2つ目は、「黄色の食べ物」でエネルギーのもとになる、主に炭水化物や脂質が豊富ななかまです。
3つ目は、「緑色の食べ物」で体の調子をととのえる、ビタミンが豊富ななかまです。

では、赤、黄、緑のなかまにはどのような食べ物が分類されるかご紹介します。

血や筋肉をつくるもとになる「赤色の食べ物」

赤色の食べ物は血や筋肉をつくるもとになるたんぱく質やミネラルが豊富ななかまです。

例:肉、魚、小魚、大豆、大豆製品、牛乳、乳製品、海藻類など

エネルギーのもとになる「黄色の食べ物」

黄色の食べ物は、エネルギーのもとになる炭水化物や脂質が豊富ななかまです。

例:米、パン、麺類、いも類、砂糖、油、マヨネーズ、ごま、ナッツ類など

体の調子をととのえる「緑色の食べ物」

緑色の食べ物は、体の調子をととのえるビタミンが豊富ななかまです。

例:野菜、果物、きのこ類など

食事に「三色食品群」を取り入れよう!

バランスの良い食事にするためには、三色食品群の偏りなく食品を摂ることがポイントです。

三色食品群を取り入れるコツは、「一汁三菜」と組み合わせて献立を組み立てることです。

日本人の伝統的な食事のスタイルに主食、主菜、副菜、汁物を揃えるという「一汁三菜」があります。「三色食品群」をこの一汁三菜に当てはめ、主食が黄色の食べ物のなかま中心のもの、主菜が赤色の食べ物のなかま中心のもの、副菜が緑色の食べ物のなかま中心のもの、汁物が赤色や緑色の食べ物のなかま中心のもので献立を組み立てます。

また、三色食品群の偏りなく食品を摂ることに加え、数多くの食材を組み合わせることでさらに栄養バランスがよくなります。ただし、脂質や塩分などは摂りすぎに注意しましょう。
「三色食品群」の偏りがないように献立や食材を選び、さらにさまざまな食材を使うことによって栄養バランスをよくすることができます。
食生活を「三色食品群」を使って見直し、栄養バランス美人になりましょう!
▼バランスの良い献立づくりの参考に!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【料理別】「鮭」がメインの献立レシピ7提案。和食に洋食に変幻自在!

レシピ まとめ

和食、洋食と、さまざまな料理に使える便利な食材「鮭」。今回は、そんな鮭をメインに使った献立レシピをご紹介します。今日の晩ごはん、何作ろう……なんて悩んでいる方必見!栄養バランスや彩りもバッチリの献立を、ぜひ参…

【シーン別】ピリ辛「豚キムチ」に合う献立7提案

キムチ 豚肉 レシピ まとめ

辛旨い「豚キムチ」の献立をご提案!シチュエーションに合わせた献立で、あなたの晩ごはんの悩みを解消いたします。お腹いっぱいなボリューム献立から野菜たっぷりでヘルシー献立、時短も節約だってばっちりです。子ども向け…

もう一品の副菜も!ミネストローネに合う献立7選

レシピ まとめ

具沢山スープ、ミネストローネ。ファストフード店などでも浸透していて、ちょっと小腹の空いたときなどにも嬉しいスープです。ですが家庭で作る場合、スープなのかおかずなのか…一体どんな献立にしたらいいのか悩みませんか…

水の使い方がカギ!べチャッとしない「ケチャップライス」の作り方のコツ7つ

レシピ

子供から大人まで人気のケチャップライス。基本の作り方とべチャッとしないパラパラ食感にするコツをご紹介。マスターすれば、ご自宅でもおいしいケチャップライスが作れますよ。炊飯器を使った簡単レシピも必見!オムライス…

【味付け別】湯豆腐の献立7提案。これでもう迷わない!

レシピ

ヘルシーでおいしい湯豆腐ですが、献立を作るとなるとどんなおかずを合わせればいいか悩みませんか?そこで今回は、湯豆腐の日の献立に取り入れたいおすすめレシピをご紹介します。忙しい日に便利な、簡単に作れるレシピたち…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本人なら知っておきたい、伝統的な季節の日本酒行事「5」選

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

鍋のアク取りは本当に必要?覚えておきたいアク取りのコツまとめ

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

違いを言える?リングイネとは?種類&ソースの相性も解説!

パスタ

「リングイネ」とは、すぐにどんなパスタか思い浮かべることができますか?弾力があり、もちもち食感のリングイネはパスタ好きの間では大人気です。どんなソースともマッチし、食べごたえのあるパスタ。ぜひおうちイタリアン…

違いが繊細!タリアテッレ・フェットチーネの特徴&種類をガイド

みなさんは、タリアテッレとフェットチーネの違いを説明できますか?太さや原料が同じものだと思っていた方もいるかもしれませんね。意外と知られていない、こんな素朴な疑問を消化しましょう。そして、たくさんの種類のパス…

イチボ…どこの部位?ランプ肉との違い&名前の由来も気になる

柔らかく人気のお肉「イチボ」。イチボが何のお肉のどの部位か、ご存じでしょうか。イチボというちょっと変わった名前、なぜこんな名前がついたのか、どんな味?おいしい食べ方はどうしたら?今回はイチボについてご紹介!

ページTOPに戻る