西宮「ラ バゲット ド パリ ヨシカワ」は、パン好きが一度は訪れたいお店

お店のオーナーが、パンの世界大会で賞を獲った経験のある、吉川崇さん。これを聞いただけで、パン好きの人はすでに行きたい気持ちになっているのではないでしょうか。世界で戦ったパンがどんな味なのか、急いで確かめに行きましょう!

2018年9月19日 更新

バゲットのスペシャリストがいるベーカリー

「ラ バゲット ド パリ ヨシカワ」のオーナー、吉川崇さんは、「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジェリー」という大会の、日本代表選手最終選考会の「バゲットおよびパンスペシオ部門」で優勝。

2005年度の日本代表となり、世界大会で見事3位入賞を果たした、バケットのスペシャリストなんです。

派手さはないものの、間違いなく美味しいパンを提供してくれる「ラ バゲット ド パリ ヨシカワ」。どんなお店なのか気になりますね。
阪急「苦楽園駅」から歩いて10分ほどの場所にある、一軒家風の建物が「ラ バゲット ド パリ ヨシカワ」です。店内に入ると、パンが焼ける良い香りと、いい色に焼けたパンがお出迎えしてくれます。
店内にはショーケースもあり、中にはサンドイッチやお惣菜、ドリンクが並んでいます。牛乳があるのは嬉しいですね。

そして、ショーケースの上には「サバトン」というジャムのようなものが並んでいます。バケットに合いそうなものばかりで、こちらも気になる商品です。

「ラ バゲット ド パリ ヨシカワ」の商品

右「バケット」(¥260)左「バケット・セレアル」(¥260)

こちらが、世界で3位のオーナーが作るバケットです。やはり人気が高く、お客さんのほとんどがこちらの両商品目当てだそう。

「バケット」は、シンプルながらも、小麦の香りが良く、オリーブオイルと合わせて食べると、とてもおいしいのだそうです。

「バケット・セレアル」は、キレイな葉っぱのような模様が特徴的。こちらは、小麦ではなく、ゴマや雑穀の香りが強く、そのままで食べてもおいしいそうです。

どちらも、世界に通じる味なのに、毎日食べられるような、お手ごろ価格が嬉しいですね。

クープ・デュ・モンド・ラ・ブーランジェリー受賞商品

「パン・オ・フリュイ・ド・ジャポン」(¥290)

「クープ・デュ・モンド・ラ・ブーランジェリー」の受賞商品です。生地の中に柚子の皮と、干し柿が入っていて、酸味が強いのだそうです。表面は、焦がしバターをかけて焼いているそうで、香りも良く、パリパリとした食感も最高だそう。

名前に「ジャポン」とはいっているだけあって、和の食材を使用した、面白いパンです。
「カレーパン」(¥189)

こちらのカレーパンは、お店でルーから作り、手間暇かけてじっくり煮込んだカレーを使用した、お店の隠れ人気メニューです。

外はカリカリ、中はもちもち、中のカレーは程よい辛さで、旨味がある、とてもおいしいカレーだそうです。
「ブルーチーズとくるみ」(¥231)

名前を聞いただけで、もうおいしそうな「ブルーチーズとくるみ」。パン生地は、長期熟成したハード系。その生地にくるみを混ぜて、ゴルゴンゾーラをサンドしたのだそう。

中にはゴロゴロくるみが入っていて、お家で焼き直せば、チーズはとろりとして、香りも蘇ります。風味、コク、旨味がハンパない!という高評価で人気を得ています。
「甘栗」(¥189)

イタリアの焼き栗を混ぜ込んだ「甘栗」は、もちもちの食感がたまらないパン。栗の大きさがバラバラなのが、面白い食感を生み出しています。栗が好きな人にはたまらないですね。
美味しくてリーズナブルなパンが沢山ある「ラ バゲット ド パリ ヨシカワ」。パン好きなら、一度は訪れておきたいですね。

店舗情報

住所:兵庫県西宮市樋之池町3-6
電話番号:0798-72-0770
営業時間:7:30~19:00
定休日:毎週火曜日 

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう