九十九里の天然酵母パン屋さん「ナヤ」で、ため息がでるおいしいさを

千葉県長生村にあり、最寄り駅から5km以上離れているにもかかわらず、オープン直後に売り切れてしまうほど人気のベーカリー「naya(ナヤ)」。ここでは、いままで食べたことのないような、絶品の天然酵母パンが食べられるんです。

森のパン屋さん「ナヤ」へようこそ

千葉県長生村にある天然酵母パン屋「ナヤ」は、最寄り駅から5km以上離れている九十九里浜にほど近い場所にあるにもかかわらず、高い人気を得ているお店です。
正式なお店の名前は「naya(78)」で、「naya」は納屋、「78」は7七転び八起きという由来から決まったみたい。
オープンしてすぐに売り切れてしまうとうわさの人気のパン屋さん「naya」では、いったいどのようなパンが味わえるのでしょうか。ちょっぴり中を覗いてみませんか?

森の奥にひっそりと佇む、おしゃれなお店

緑に囲まれた小道を進むと、木のドアにアンティークな「78」の看板がでてきます。木漏れ日がさすお店は、まるで絵本の世界へ迷い込んでしまったかのような気分に。
パンの特集雑誌やTVでも取り上げられるほどおいしいと評判の「naya」は、水、木、土、日の週4日だけお店が開いています。
あまりの人気に、11時30分のオープン直後に行かないと、ほとんどのパンがあっという間に売り切れてしまう、なかなかハードルの高いパン屋さんです。遠くから足を運ぶ人は、一週間前より前日までおとり置きができるので、お願いしてみてはいかがでしょうか。
扉をあけると、光が差し込む店内は無駄なインテリアが一切なく、落ち着いた空間が広がります。店内へは3組ずつお客さんが入場できる仕組みになっているから、慌てずにパンを選べるのは嬉しいですね。

ふつうのパンが、とびきりおいしい

品揃えは決して多くはなく、一見どこにでも売っているようなパンですが、「naya」のパンは一度食べれば分かる、ふつうのパンがなんとも言えないおいしさなんです。
▼そのなかで、いくつかオススメのパンをご紹介します。

ゴルゴンゾーラはちみつ

ふわふわ、もちもちの生地には、ゴルゴンゾーラチーズが練り込まれている味わい深いパン「ゴルゴンゾーラはちみつ」。

表面に塗られたはちみつが主張しすぎず、ゴルゴンゾーラの塩っけとのバランスが絶妙で、クルミの食感も良いアクセントになっていています。

全粒粉クロワッサン

nayaで食べられる「天然酵母のクロワッサン」は大きくて、まわりはサクサク、中はしっとりふわふわとしています。しっかりしているから、食べている間にくずれず食べやすい、そして切りやすいのがポイントです。

ひと口食べると、口のなかいっぱいにバターの風味と旨みがふんわりと広がって、シンプルなのに後を引くほどおいしいみたい。

野菜と生ハムのサンドイッチ

特集

SPECIAL CONTENTS