連載

赤ちゃんと一緒に!イースターを楽しむかわいい離乳食レシピ

近ごろ日本でも盛り上がりを見せつつあるイースター。卵やうさぎなどなじみ深いシンボルが登場するのも人気の秘密かもしれませんね。今回は赤ちゃんと一緒に楽しめる、イースターのためのスペシャル離乳食プレートのレシピをご紹介します!

赤ちゃんと一緒に楽しむイースター

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。
ポカポカ陽気の日が増えて、過ごしやすくなってきたこの季節。冬の間に葉を落としていた木々も芽吹き、元気になってきました。
この季節のイベントといえば、日本でも近ごろ盛り上がりを見せているイースター。今回は、赤ちゃんと一緒に食べられる和テイストなイースター離乳食メニューをご紹介します。

イースターとは?

イースターは、イエス・キリストの復活を祝うお祭りです。キリスト教の人々にとっては、クリスマス以上に大切な行事ともいわれています。イースターの日には、クリスマスと同様に家族で食卓を囲みます。

イースターといえば、まっ先に思い描くのはイースターエッグ。どうして卵を使うのでしょうか?キリストが死の殻を破って命をふきかえしたということで、復活と生命を表しているそうです。
また、イースターに欠かせないもうひとつのシンボルがうさぎ。イースターうさぎは卵を運んできます。たくさん赤ちゃんを産むうさぎは、繁栄と多産を意味するそうです。

イースターは毎年日にちが変わります。2016年のイースターは3月27日です!

かわいく、おいしいイースター離乳食

では、簡単でおいしいイースター離乳食の作り方を3点ご紹介します。
すべて離乳食完了期向けのメニューです。

うさぎのイースターおにぎり

材料
ご飯 90g
大根 5g
焼きのり ほんの少し
にんじん ほんの少し

作り方
ご飯を炊きます。
にんじんは花形に型取り湯がきます。大根はうさぎの耳の形に細長く2本切り、ゆがきます。
焼きのりで、目・鼻を作ります。
ご飯でうさぎの顔を作り、顔のパーツをのせていきます。

和風スコッチエッグスープ

材料
うずらの卵 1個
鷄ミンチ 10g
豆腐 10g
玉ねぎ 5g
にんじん 5g
ブロッコリー 5g
かつお昆布だし 300ml
しょう油 0.5ml
片栗粉 適量

作り方
1. うずらをゆでて、皮をむきます。
2. 鷄ミンチ、豆腐、みじん切りした玉ねぎをしっかり混ぜ合わせます。
3. 2を1に巻きつけます。
4. 3に片栗粉をまぶして、にんじん、ブロッコリーと一緒にだしで煮ます。
5. できあがる直前にしょうゆで風味づけします。

イースターひょっこりヒヨコ

材料
卵 1個
じゃがいも 15g
にんじん ほんの少し
黒ごま 2粒
だし 大1/2

作り方
1. 固ゆで卵を作ります。じゃがいもは皮をむき、1cmの輪切りにしてゆがきます。にんじんはクチバシの形にカットしてゆがきます。
2. 皮をむいて、白身にジグザクの切り込みを入れます。
3. 卵の黄身とじゃがいもを潰しながら合わせます。だし汁を少し加えて滑らかにします。
4. 3をヒヨコの形にして、白身でサンドします。
5. 黒ごま、にんじんを使って目と口をつけます。

レタスやブロッコリー、プチトマトなどで彩りを加えると、いっそうきれいなイースタープレートになります。

かわいいイースター離乳食。もちろんイースター以外の日に作っても親子で楽しめるので、ぜひ参考にしてくださいね!

次回予告

次回は、「この食材、いつから食べさせていいの?」と疑問に思ったとき参考にしてほしい、離乳食に使える食材を50音順に紹介します。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS