説明できる?今さら聞けない「生ハム」と「プロシュート」の違い

「生ハム」と「プロシュート」って、ふたつともよく耳にする言葉ですよね。しかし、その違いをいざ説明しようとすると…少し難しいところ。そこで今回は、両者の違いについて説明していきます。今後、食べるときの参考にしてみてくださいね。

燻製したものが「生ハム」

生ハムは肉を長い時間かけて塩漬けし、乾燥、醗酵、燻製をしたもののことを指します。世界的にも燻製するものが大多数で加熱するものは少ないんです。ちなみに、日本で流通している生ハムの多くはドイツ系です。これらのもので加熱して加工する商品は基本的にはありません。

生ハムの誕生は紀元前3500年

紀元前7000年ごろには、すでに豚は家畜として飼われていました。狩猟から農耕文化に移行し、人々は家畜を多く飼うようになり、保存食として編み出されたのが「生ハム」なんですね。紀元前3500年ごろには現在のイラク周辺やエジプトで食べられていたといいます。さらに、中国にはもっと前からあったとも言われているんですよ。
日本での歴史は浅く、幕末にオランダから長崎に伝来したものの、作り方が伝わったのは1917年以降。一般に普及したのは、第二次世界大戦後(1945年~)と言われています。

燻製しない生ハムが「プロシュート」

日本では、燻製してないイタリア産生ハムを、プロシュートと呼ぶのが一般的です。

イタリアでは、加熱しないもの(生ハム)は「プロシュット・クルード(Prosciutto crudo)」、加熱処理したものは「プロシュット・コット(prosciutto cotto)」と呼んでいるんだとか。
「プロシュット・コット」

「プロシュット・コット」

種類の異なるハムの盛り合わせを「プロシュット・ミスト(prosciutto misto)」と言います。イタリアでは前菜として食べられることが多いそう。

「プロシュート」は、長期保存向き

加熱しない生ハムを食べても体に影響はないのでしょうか?食べても平気な理由は、生ハムに含まれる塩分量。普通のハムよりも塩分の多い生ハムは長く保存ができるのです。

温度の低い場所で乾燥させ熟成させます。高い塩分濃度で乾燥させた場合、菌の繁殖も抑えられます。長い間熟成させていくうちに死滅し、食中毒の心配もありません。

終わりに

燻製するものが多い「生ハム」のなかでも、イタリアのハムは燻製させず、塩漬けで熟成させるものがあるので、日本では「プロシュート」と区別して呼ばれるようになったのかもしれません。

ちなみに、生ハムは実は奥深く、その呼び名も種類もかなり多岐にわたっているようです。スペインの生ハムは「ハモン・セラーノ」と呼ばれ、中国の金華ハム、イタリアのプロシュートとともに世界三大ハムと称されています。

いかがでしたか?みなさんもお店で注文するときや、スーパーやコンビニなどで生ハムを購入するときの参考にしてみてください。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS