台湾では冬の定番!春水堂から2種類のあったかスイーツ『湯圓』が新登場

春水堂から、台湾式ぜんざい『黒胡麻湯圓』と『ピーナッツ湯圓』が新発売です。『湯圓(タンエン)』は、白玉団子で餡を包み、甘みをつけた温かいシロップに浸して食べる台湾の冬定番スイーツ。春水堂オリジナルで登場します。

旧正月を祝う冬のあったか台湾スイーツ

台湾発のお茶専門カフェ「春水堂(チュンスイタン)」から、あったか台湾式ぜんざいの『黒胡麻湯圓』と『ピーナッツ湯圓』が新登場。1月8日(金)より発売されています。

春水堂オリジナルの湯圓は、とろりとした餡の入ったもちもちの白玉と、つるりとした食感のミニ白玉を、十勝産の大納言小豆とからめ、温かい特製お茶シロップで食べる一品。手作りの特製お茶シロップは、ライチ紅茶の華やかな香りと、隠し味の生姜の風味がきいた、上品な甘さで、じんわりと体が温まります。

また冬のティータイムにおすすめの湯圓は、厳選茶葉の阿里山烏龍茶や、定番のタピオカミルクティーなど、ドリンクとのセットでも楽しめますよ。
単品650円(税抜)、ドリンクセット1,000円(税抜)

黒胡麻湯圓 単品650円(税抜)、ドリンクセット1,000円(税抜)

『黒胡麻湯圓』は黒ごまの香ばしい味わい。
単品650円(税抜)、ドリンクセット1,000円(税抜)

ピーナッツ湯圓 単品650円(税抜)、ドリンクセット1,000円(税抜)

『ピーナッツ湯圓』は、ピーナッツのやさしい甘みが感じられます。

湯圓(タンエン)とは?

白玉団子で餡を包み、甘みをつけた温かいシロップに浸して食べる台湾式ぜんざいで、冬の定番スイーツ。特に、中華圏のお正月である『旧正月』には、お祝いに湯圓を食べることが伝統になっており、台湾人にとっては、この時期に一番馴染みのあるスイーツです。
あったか湯圓と香り高いお茶で、日本にいながら冬の台湾気分を満喫してみては?

特集一覧

SPECIAL CONTENTS