2016年に流行するのは一体どれ?日本未上陸の「ハイブリッドスイーツ」6選

クロワッサン×ドーナッツの「クロナッツ」など世界各国のハイブリッドスイーツが大人気ですが、“これから登場するであろう”日本未上陸のハイブリットスイーツはまだまだたくさんあるんです!今回は、期待高まるハイブリットスイーツたちをご紹介します。

次に日本上陸するハイブリッドスイーツは?

クロワッサンとドーナッツを合わせたハイブリッドスイーツ「クロナッツ」。
日本でもミスタードーナツなどで食べられるようになり、ついにクロナッツを生み出したアメリカの店『ドミニク・アンセルベーカリー』も2015年東京に出店!一大ブームを巻き起こしました。

2016年には、どんなハイブリッドスイーツが日本にやってくるんでしょうか?期待を込めて、今海外で人気を集めているハイブリッドスイーツをご紹介したいと思います!

① ビスキー

ロンドン発のハイブリッドスイーツ「ビスキー」。クッキーとケーキとビスケットの3つが合体したもので、一口噛めばサクッとしたクッキーにサンドされたふわふわと軽い食感のホイップクリームがたまらないのだとか!

しかもビスキーは、すべて天然の食材で作られているのでカロリーも低くヘルシーなのも魅力なんです。フレーバーも豊富なのでいろいろな味が楽しめるんですよ。
▼さらに詳しく知りたい方は、以前macaroniで紹介した際の記事をどうぞ。

② ブロナッツ

ブリオッシュとドーナッツを組み合わせた「ブロナッツ」。アメリカ・ヴァージニア州のベーカリー『Marie Bette』で考案されたハイブリッドスイーツです。
薄い生地の層がいくつも重なって作られるサクサクとした食感に、ハマる人続出!本当は短期間だけ提供するつもりが、大好評だったので販売を続行したというほどの人気ぶりなんだとか。
▼ブロナッツについての詳細は、以前macaroniで取り上げた記事をご覧ください。

③ クロサダ

ハワイ発のスイーツ「マラサダ」の進化系が「クロサダ」です。クロワッサンとマラサダのいいとこどりのスイーツと言えるでしょう。
揚げたクロワッサン生地は、外がカリカリ、中身はふわっふわ!中にはクリームが入っています。

ここ数年、ロコ(ハワイの地元の人たち)にもじわじわ人気が出てきており、ハワイのスイーツであるパンケーキやアサイーボールなども日本で提供するお店がどんどん増えていますので、「マラサダ」も要チェックです!
▼以前macaroniで紹介した記事もあるので、そちらも合わせてどうぞ。

④ ダフィン

ロンドンで大人気の「ダフィン」は、ドーナッツとマフィンのハイブリッドスイーツです。ロンドンのベーカリー『Bea’s Of Bloomsbury』で生み出されたもので、早く買いに行かないとお昼にはすでに売り切れ!というぐらいの人気の高さ。

外見はマフィンのようなスコーンのような……。マフィンの中にジャムを入れ、ドーナッツのように揚げるというものです。
▼ダフィンをより詳しく知りたい方は、macaroniで以前取り上げた際の記事も合わせてチェックしてみてください!

特集

SPECIAL CONTENTS