連載

macaroni編集部厳選!羽田空港で買えるお土産22選〜おすすめから限定商品まで〜

帰省やお仕事に多くの人が利用する羽田空港。今回は国内線ターミナルに足を運び、オススメのお土産をセレクト。第一ターミナルや第二ターミナルでしか購入できない限定商品もありますよ。ぜひ、お土産選びの参考にしてください。

2019年6月12日 更新

6、【タント・マリー】ゴルゴンゾーラ&レーズン

6、【タント・マリー】ゴルゴンゾーラ&レーズン

8個入り1,600円

タントマリーは、東京の湯島に本店を構える、チーズケーキが有名な洋菓子店。羽田空港限定の「ゴルゴンゾーラ&レーズン」は羽田空港第二ターミナル限定の商品。世界三大ブルーチーズのゴルゴンゾーラを使用したプチチーズケーキ。バターのコクと塩気を生かした、独特の風味になっています。

チーズのこってりした味わいに、レーズンやラム酒の甘みがアクセント。濃厚ですが、しつこさのない、さっぱりとした後味に整えられています。ひとつでも食べ応えがあり、おやつとしてはもちろん、赤ワインのおつまみとしても相性が良いと思いますよ。お酒好きな方へのおみやげにいかがでしょう。

【店舗情報】

タントマリー
取扱い店舗:
・タントマリー第2旅客ターミナル2Fマーケットプレイス
公式HP:https://www.bigbird-shopping.com/products/list.php?mode=search&name=%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC&search.x=0&search.y=0

7、【佐藤水産】サーモンロール チーズ入り

写真右:鮭ルイベ漬
写真左:サーモンロール チーズ入り

サーモンロール4個入り930円・鮭ルイベ漬1,524円 写真右:鮭ルイベ漬
写真左:サーモンロール チーズ入り

北海道でも有名な鮭専門店「佐藤水産」が羽田空港に出店しています。おすすめのお土産商品は、『サーモンロール チーズ入り』と、定番『鮭ルイベ漬』。サーモンロールチーズ入りは、塩気の効いた鮭とクリーミーなチーズがくるくると渦を作り、たがいの味を上手に引き出したまろやかな風味に仕上がっています。そのまま食べても、もちろん美味しかったのですが、お酒のおつまみやご飯のお供としてはさらに絶品。鮭の身とチーズがぎっしり詰まっていて、ひとつでも大満足。

もうひとつは、天然鮭と新鮮いくらを一緒に特製醤油に漬けた、佐藤水産の看板商品でもある『鮭ルイベ漬』。北海道のタウン誌「死ぬまでに食べたい」でも掲載された大人気商品です。
醤油漬けにされた鮭の味は、口に入れた瞬間とろけてしまうほどの極上の舌触り。お酒や白米などと一緒に食べると、それぞれの味と融合してまた別の味わいに。透き通るようなクリアな鮭の紅色と、プチプチしたいくらの食感にも感動させられます。

【店舗情報】

佐藤水産
取扱い店舗
・東京食賓館 Cゲート前第1旅客ターミナル2Fターミナルロビー(南)
公式HP:http://www.bigbird-shopping.com/products/list.php?mode=search&name=%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%B0%B4%E7%94%A3&search.x=0&search.y=0

8、【新橋玉木屋】世界のふりかけ

8、【新橋玉木屋】世界のふりかけ

8個入り1,000円

東京・新橋に本店を構える煮豆・佃煮のお店「新橋玉木屋」のお土産は、『世界のふりかけ』。今回は、イタリアントマト、トムヤムクン、ハヤシライス、グリーンカレーなどなど、8包をいただきましたが、この他にもまだまだいろいろな国のご当地の味を楽しめるふりかけが販売されています。ひとつのみでも購入することができますよ。

それぞれのフレーバーの袋には、どれも具材をたっぷりと入れたふりかけが入っています。いずれもしっかりとした味付けで、ご飯が進む内容です。なかでも「ベーコンエッグ」のふりかけは、卵とベーコンが絡む奥深い風味を見事に表現。ニンニク風味も加わって、香りも豊かに食欲の増すひとつです。

ITEM

新橋玉木屋 世界のふりかけ

内容量:8袋〜

¥1,000〜 ※2018年5月18日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

【店舗情報】

新橋玉木屋
取扱い店舗:
・京食賓館 時計台3番前第2旅客ターミナル2Fターミナルロビー
公式HP:http://www.bigbird-shopping.com/products/list.php?category_id=123
3 / 8
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

目 次

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう