なつかしの味♩「カンロ飴」ミニ商品3種類を食べ比べてみた!

甘さとしょっぱさのバランスが絶妙な味が、不思議と懐かしい気分にさせてくれる『カンロ飴』。そのカンロ飴から小さなサイズが出ているのをご存知でしょうか?3種類あるアソートになっていますので、新しい味を試したいというあなたにもぴったりです。

なつかしの味

子供の頃、親や祖父母からあめ玉をもらったことありませんでしたか?
懐かしい記憶を呼び覚ましてくれる、ほっこりとした味の「カンロ飴」。

ふと恋しくなる「ザ・ニッポンの味」の秘密はおしょうゆなんだとか。


そんな懐かしさを感じさせてくれるカンロ飴が60周年を迎えました。

カンロ飴がリニューアル♡

60周年を記念して、カンロ飴のパッケージがリニューアルします。

60年間の歴史の中で、原料は一度も変えてないというカンロ飴。
時代に合わせてパッケージはお色直しをしてきました。

今回のパッケージは、カンロちゃんがデザインされたもの♡
また、今回「ちいさなカンロ飴」が新登場。

カンロ飴をベースに
・キャラメルマキアートカンロ
・ジンジャーカンロ
が仲間入りし、三種アソートの小粒タイプが発売されました。

表情豊かなカンロちゃん。個包装の種類は60パターンもあるんだとか!
誰かとシェアして楽しみたいですね♪

3種の味を食べ比べてみました♪

今回は「小さなカンロ飴」の3種の味を実際に食べてみました!

オリジナルカンロ

砂糖の甘さと、しょうゆ独特の懐かしさのあるしょっぱさがクセになる味♡
優しさを感じられる味は、子ども世代にも伝えていきたいですね。

キャラメルマキアート カンロ

オリジナルの味に加えて、ほんのりと甘いキャラメルの味が感じられます。
主張しすぎない、優しい味がカンロ飴らしいです♡

ジンジャーカンロ

口に含むと、しっかりとしたジンジャーのスパイシーさが広がります。
カンロ飴の風味と相性がとても良いです!
ほっこりとする懐かしい味はふと恋しくなりまよね。久しぶりにカンロ飴を食べてみてはいかがでしょうか?

特集

SPECIAL CONTENTS