4. よく切れる包丁を使う

よく切れる包丁を使うと、玉ねぎの細胞の破壊を抑えることでき、硫化アリルの発生を少なくします。また短時間でみじん切りができるので、涙が出る前に切り終われるメリットも!玉ねぎのみじん切りを始める前に、包丁をチェックしましょう♪

5. 換気扇の下で調理

換気扇を使って、硫化アリルを強制的に外へ追い出してしまう方法です。これはプロの料理人も使っているやり方だそうです。揮発する特徴を持っている硫化アリルさえ、キッチンからなくなれば涙も出にくい!換気扇の下にまな板を置けない方は、扇風機を弱めに回してもOKです。

6. 口を開けたまま切る

玉ねぎの硫化アリルは鼻から侵入して目に到達するため、口呼吸をすれば涙は出ないという荒技です。すごいやり方ですが、実際やっている主婦の方も多いんだとか。手軽にできる方法なので、試す価値あり!

涙を出さずに玉ねぎを切ろう!

今回は涙の出ない玉ねぎの切り方についてご紹介しました。ハンバーグなどに欠かせない玉ねぎのみじん切りですが、目が熱くなるような感覚になって泣きながら切るなんて辛いですよね。今回ご紹介した方法を試して、玉ねぎと上手に向き合ってくださいね♪
▼さっそく玉ねぎをカットして料理してみよう!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS