11. ハトムギ茶

消化不良の原因のひとつに、胃液が過剰な水分により薄まってしまうことが挙げられます。胃液が薄まると、食べ物をきちんと消化することができません。 ハトムギには、血液の巡りを良くして余計な水分の排出をサポートする作用があるため、胃液が薄まるのを防ぎ、効率良く消化吸収がおこなわれるよう促す効果が期待できます。(※11)

消化を良くするために気をつけること

食事中の水分摂取はほどほどに

上でも書いたように、過剰に水分を摂取すると胃液が薄まり、消化がスムーズにおこなわれません。ご飯やおかずにも水分が含まれていることを意識しながら、食事中の水やお茶は控えめにしましょう。

食後すぐの運動は控える

食事をしたあとすぐに走って、横腹が痛くなった経験ありませんか? これは、原因のひとつに脾臓(ひぞう)の収縮があります。 脾臓には普段血液が溜まっているのですが、食べ物の消化をおこなうために血液が内臓に集中し、さらに運動まですると筋肉にも血液を送らなければなりません。そこで脾臓にある血液が使われるのですが、このときに脾臓がぎゅっと収縮し、横腹が痛むのです。 内臓に十分な血液がいかないと食べ物が消化されにくくなってしまうため、運動をする場合でもすこし休憩してからおこなうようにしましょう。

日常的に飲むなら白湯がおすすめ

胃腸が冷えると、消化機能が低下してしまいます。冷たい食べ物や飲み物を摂取すると胃腸が冷えてしまうので、日常的に白湯(さゆ)を飲んで胃腸の働きを低下させないことが大切。清涼飲料水や冷たいお茶を普段飲んでいる方は、これを機に白湯にシフトチェンジしてみましょう。

消化を促して体調管理

消化を助ける食べ物&飲み物をご紹介しました。食べ過ぎたなと感じるときなどは、今回まとめた食べ物や飲み物を参考にしてみてくださいね。きちんと消化がおこなわれることで、より食事が楽しめますよ♪
【参考資料】
▼お腹の不調に関するアレコレ、気になりますよね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS