ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

セブンに贅沢仕立てのあん食パン登場!

Photo by muccinpurin

価格:170円(税込)
2022年06月29日(水)、セブン‐イレブンに新作パン「7プレミアム あん食パン」が登場。こしあんと蜜漬小豆の2種のあんこを生地に練り込み、マーブルになるように成形。しっとりとした生地と粒あんのやさしい甘さがハーモニーを奏でる、菓子パン好きにはたまらない逸品です。

コンビニ食パンで1袋2枚入り170円って、ちょっと攻めた値段ですが……。

Photo by muccinpurin

原材料は、小麦粉、赤生あん、蜜漬小豆、砂糖、水あめ、粉末水あめ、マーガリン、酵母など。

通常あんこはゆでた小豆に砂糖と水あめを加えて炊きますが、7プレミアムのあん食パンに使われるあんこは、シロップにゆでた小豆を漬ける蜜漬けと呼ばれる工程を経たものをこしあんに加えることで、しっかりとした小豆の存在感を表現しているようですよ。

気になる味は?しっとり生地に小豆の存在感

Photo by muccinpurin

生地はかなりしっとりしていて、通常の食パンと比べても目が粗い様子。デニッシュ食パンまではいかないまでも、生地そのものも食べごたえがあるリッチな味わいです。

マーブル模様になったあんこが時折顔を見せ、つぶつぶ食感が楽しめます。蜜漬小豆のおかげで、あんこの存在感をしっかりと感じられますよ。

厚さは2.5cmほどでやや厚め、小ぶりなサイズ。それでいて2枚入り170円は高級食パン並みのお値段ですが、丁寧に蜜漬された小豆を練り込んでいるため贅沢感がありますよ。

トーストしてバターをのせると至福…!

Photo by muccinpurin

いわゆる生のまま食べても充分おいしいあん食パンですが、軽くトーストするのもおすすめですよ。パン界隈であんこと組み合わせるものといえばバター!厚めに切ったバターをのせたら、手間をかけずにごちそう感が増したトーストの完成です。

生地も噛むほどに自然な甘さが口いっぱいに広がり、菓子パン好きにはたまらないおいしさ。あんパンとは違い、ふんわりとさりげないあんこの風味が感じられるのも、あん食パンの魅力ですよね。あんパンはあんこの存在感が強すぎで、トーストしてもサクサク感が得られないので、あん食パンならではのアレンジ方法と言えますね。

Photo by muccinpurin

軽くトーストすることで表面はサクサク、なかはしっとりもっちり。バターがしみ込んだサクサク生地を想像してください。しあわせの象徴でしょう?お好みにもよりますがぜひバターは有塩で。塩気が加わることであんこの甘さが引き立ち、すっきりとおいしく食べられますよ。あまじょっぱさがより一層幸福度を上げてくれます。

マーブル模様になっているので、あんこの味と生地のコントラストが楽しめるのも魅力。併せるドリンクはぜひ牛乳でどうぞ♪

丁寧仕立てのあん食パン、食べる価値あり!

Photo by muccinpurin

生地のしっとり感と蜜漬小豆とこしあんをブレンドしたあんこで、コンビニの域を越えた贅沢仕立ての「7プレミアム あん食パン」。

コンビニパンとしてはやや高級路線ですが、さすがは7プレミアム、なっとくのおいしさでした。1枚は焼かずにそのまま、もう1枚は軽くトーストしてバターをのせて味わってみてくださいね。

商品情報

■商品名:7プレミアム あん食パン
■内容量:2枚
■価格:170円(税込)
■カロリー:164kcal
■販売日:2022年06月29日(水)以降順次発売
■販売場所:東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国のセブン-イレブン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
おすすめの記事はこちら▼
Photos:6枚
あん食パンのパッケージ
あん食パンの原材料表示
あん食パンを手で持つ様子
バターをのせたあんトースト
あんバタートーストを手でちぎる様子
皿に二枚並んだあん食パン
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ