ライター : 福田未来

可愛いをこよなく愛する管理栄養士

京都府在住の管理栄養士。可愛いものが好き。みなさんに役に立つ情報+αとワクワクをお届けできるように日々勉強中。座右の銘は「思い立ったが吉日」。

ジェラートって、アイスクリームと何が違う?

ジェラートとアイスクリームの大きな違いは、作る過程での材料に対する空気の含有量が異なるところにあり、ジェラートの空気の含有量が35%程度であるのに対しアイスクリームは60~100%と高い割合です。

そのため、空気の含有量が少ないジェラートは、アイスクリームのようなふんわりとした食感ではなく、ねっとりとした口触りが特徴です。また、空気の含有量が少ない分密度が濃く、その分素材本来の味が楽しめるのもジェラートの良さです。(※1)

ジェラートのカロリーと糖質量

・バニラ味
エネルギー量(カロリー)……184kcal
糖質量……24.1g

・いちごミルク味
エネルギー量(カロリー)……164kcal
糖質量……25.1g

・ピスタチオ味
エネルギー量(カロリー)……215kcal
糖質量……26.9g

・チョコレート味
エネルギー量(カロリー)……212kcal
糖質量……28.6g

・フランボワーズ味
エネルギー量(カロリー)……113kcal
糖質量……26.4g

・抹茶味
エネルギー量(カロリー)……188kcal
糖質量……26.9g

・かぼちゃ味
エネルギー量(カロリー)……185kcal
糖質量……29.3g

代表的な味のジェラートのカロリーと糖質量を、100gあたりで比較してみました。チョコレート味とピスタチオ味は、原料がナッツ類であるためのほかのジェラートよりもカロリーが高めです。しかし、ナッツ類の油はオメガ3系の脂肪酸といい、私たちの健康を手助けするはたらきがあります。(※2,3,4,5)

※糖質量は炭水化物量を記載しています。

市販のアイスとの比較

・爽(バニラ味)190ml
エネルギー量(カロリー)……230kcal
糖質量……28.7g

・ハーゲンダッツ(バニラ味)110ml
エネルギー量(カロリー)……244kcal
糖質量……19.9g

・スーパーカップ(バニラ味)200ml
エネルギー量(カロリー)……374kcal
糖質量……35.3g

・スーパーカップ(いちご練乳味)200ml
エネルギー量(カロリー)……306kcal
糖質量……35.2g

・ハーゲンダッツ(ストロベリー味)110ml
エネルギー量(カロリー)……236kcal
糖質量……21.4g

・スーパーカップ(抹茶味)200ml
エネルギー量(カロリー)……301kcal
糖質量……35.4g

・かき氷(いちご味)
エネルギー量(カロリー)……約40~80kcal
糖質量……10g(シロップの量によって多少の前後あり)

ジェラートとアイスを比較してみると、ジェラートのほうが少しカロリーが低いことが分かります。ジェラートはアイスに比べ果物のフレーバーが多く、牛乳や卵などの脂質が多い食材を含んでいないためカロリーが低くなります。(※6,7,8,9,10,11,12,13,14,15)

※糖質量は炭水化物量を記載しています。

ジェラートには糖質量が多い?

アメリカの糖尿病学会が示すガイドラインでは、糖質の摂取量は1食あたり20〜40g、一日70〜130g以内を目安としています。そのため、ジェラートをひとつ食べることで約1食分の糖質を摂取してしまうことになります。

また、間食からの摂取カロリーは一日に200kcal程度が適量です。ジェラートを食べるなら一日にひとつまで、ダイエットや糖質制限中はなるべく控えるのがおすすめです。(※16,17,18)

ジェラートに含まれる栄養と効果効能は?

タンパク質やカルシウム(ミルク系)

ミルク系のジェラートに含まれる牛乳は「準完全栄養食品」ともいわれるほど、多くの栄養素が含まれています。その内容はタンパク質を筆頭とし、ミネラル類やビタミン類などがあげられます。また、牛乳の乳脂肪は消化吸収されやすいため、牛乳を材料とするジェラートも消化にやさしいといえます。(※19)

ビタミンC(フルーツ系)

フルーツ系のジェラートにはビタミンCが多く含まれおり、特にキウイフルーツには100gあたり140mg、いちごには100gあたり62mgのビタミンCが含まれています。そのためキウイやいちごなどのフルーツ系を原料とするジェラートは多くのビタミンCを摂取することができます。(※20)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ